「M COUNTDOWN」、「BLACKPINK」が「IVE」を破り1位で“トリプルクラウン”…KANGTAやキム・ジェファンらがカムバック


グループ「BLACKPINK」がケーブルチャンネルMnetの音楽番組「M COUNTDOWN」で3度目の1位を獲得し、“トリプルクラウン”を達成した。

8日に放送された「M COUNTDOWN」では、「BLACKPINK」と「IVE」が1位候補に上った。

9月第2週目の1位は「BLACKPINK」が獲得した。「BLACKPINK」は出演することなく1位のトロフィーの主人公になった。

1位を獲得した「BLACKPINK」の「Pink Venom」は「BLACKPINK」独特の強いカリスマが際立つヒップホップジャンルのナンバー。強烈なビートに調和した韓国伝統楽器のサウンドがイントロから一気にキャッチーだ。さらにその上に乗せてパワフルに展開されるシャープなラップと致命的なボーカルは、「BLACKPINK」の4人のメンバーそれぞれの魅力を極限に生かした。

一方、同日の「M COUNTDOWN」には、KANGTA、キム・ジェファン、「Rocket Punch」、「LUMINOUS」、「Mad Monster」、「BAE173」、「Billlie」、「CIX」、「IVE」、「OnlyOneOf」、「ULALA SESSION」、「ONEUS」、「We;Na」、イ・ジニョク (UP10TION)、「CRAXY」、キー (SHINee)、「TEMPEST」、「TO1」などが出演した。

全世界60億人のファンダム“ポケットモンスター”を保有する「Mad Monster」はメインタイトル曲「HI(feat. オム・ウォンア)」を通じて自分たちのすべてを集約したアバンギャルド的なメッセージと感性を伝えた。“怪物アイドル”というキャッチフレーズらしく「Mad Monster」は非の打ちどころのない彫刻のようなイケメンビジュアルと感動させる鳥肌モノの歌唱力、一糸乱れぬキレのあるダンスを披露した。ここにゆとりあるステージマナーと巧みな表情演技が加えられ視聴者たちを圧倒した。

「ONEUS」は抜け出せない濃い誘惑の香りを振りまきながらタイトル曲「Same Scent」を通じて、これまで披露してきた姿とはまったく異なる魅力を届けた。ギターサウンドと魅惑的なレゲエのリズムに乗せられた「ONEUS」の深みのあるボーカルがさらに流麗にアプローチした。特に魅惑的でセクシーな「ONEUS」の独歩的なビジュアルが感嘆をそそった。

(2ページに続く)

関連記事

2022.09.08

blank