≪韓国ドラマOST≫「輝く星のターミナル」、ベスト名曲 「そんな夢を見る」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)

<「輝く星のターミナル」OST(サントラ)、今日の1曲>

Youtube動画:「輝く星のターミナル」OST「そんな夢を見る」

今回も「輝く星のターミナル」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「シグナル」のイ・ジェフンと「ロボットじゃない~君に夢中~」のチェ・スビンがタッグを組んだ作品。
憧れていた仁川空港で働くことになったヨルムだったが、不器用な性格でなかなか仕事が上手くいかない。そんな時、新入社員のスヨンが指導員となり性格が真逆の2人は出会う。

今日の1曲は、キム・ヨヌが歌う「そんな夢を見る」。

<歌詞の解説>

「折れ曲がった 僕の心の深い場所 隅に追いやられてしまって また取り出すことも 開くこともできないくらい 強く折ってあっても 君が笑えば 僕はまた 心を取り出して 読んでみようかな もっと奥深く それがダメなら」最初の歌詞では、スヨンの心の奥の闇が表現されている。

※サビ「僕の心は死んでもいいくらい 君に向けて 書いたこの気持ちを 読んでみようと思う もしそれができれば全てが 変わるかもしれない 僕はそんな短い夢を見る」サビでは、ヨルムに気持ちをぶつけようと勇気を出す様子が伝わる。

「ひときわこの季節に僕は 本当に苦しんだんだ それでもね あんなに苦しいのになぜか笑顔になれた
どうすればいい 僕は何をしていても君を思い出す まるでそばに座ってせがむように どうしても抑えきれなくて」ヨルムが忘れられないスヨンの繊細な気持ちがわかる。

※サビのリピート

「やり直せない願いを 僕は持ち続ける 終わりがどこでどうなっても」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「毎日僕は 死ぬほど好きな 君に向けて書いた気持ち 君に読んであげたい そうすればきっと全てが奇跡のように君を 僕のもとへ連れてきてくれるだろうか」キム・ヨヌの迫力のある歌声で二人のラブストーリーを盛り上げる。

歌手 キム・ヨヌ(本名:キム・ハクチョル)は、1971年生まれのソロシンガー。1996年にデビュー。これまで、「快刀ホン・ギルドン」、「最愛の敵〜王たる宿命〜」、「輝く星のターミナル」などでOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「美しいラブストーリー」
「童話のようなドラマに合うOST」
「キム・ヨヌの歌声が胸に響く」
「曲を聞くとドラマが懐かしくなった」
「この歌声がドラマに染みわたる」

「輝く星のターミナル」ではイ・ジェフンとチェ・スビンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2023.01.13

blank