≪韓国ドラマOST≫「輝く星のターミナル」、ベスト名曲 「夏になって」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「輝く星のターミナル」OST(サントラ)、今日の1曲>

youtube動画:「夏になって」



今回も「輝く星のターミナル」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「シグナル」のイ・ジェフンと「ロボットじゃない~君に夢中~」のチェ・スビンがタッグを組んだ作品。
憧れていた仁川空港で働くことになったヨルムだったが、不器用な性格でなかなか仕事が上手くいかない。そんな時、新入社員のスヨンが指導員となり性格が真逆の2人は出会う。

今日の1曲は、Frommが歌う「夏になって」。

<歌詞の解説>

「気になるあの人 静かに私を惹きつける あなたの話をもっと聞きたい 重く感じなかった私の気持ちが
だんだんあなたを見ていると 気づいたら目で追っていて 深まっていく 偶然 偶然のように私は
あなたとの距離を縮めていった 偶然のようにまた ある瞬間にあなたを見て感じたの」最初の歌詞では、ヨルムのスヨンへの気持ちの変化が表現されている。

※サビ「この手に残る小さな 温かさ あなたの手にも握らせてあげたいと 誰よりも恋しく 温かい夏になって あなたの心を溶かしてあげる」サビでは、名前のヨルムと「夏」という意味がかけられていて、スヨンにとっての夏でありたいという歌詞になっている。

「明るかった空に 雨が降ってくるように あなたも私に やってきてほしい 誰も歩かない あなたの心に初めて そっと足跡を残しながら歩いていくから あなたとの距離を縮めていった 偶然のようにまた ある瞬間にあなたを見て感じたの」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

「やっと感じられて見えるようになって 温かく笑うあなた あなたの手にこの気持ちが伝わっていますか あなたの手を握ってあげたい 誰よりも恋しく 温かい夏になって あなたの心を溶かしてあげる あなたの心を溶かしてあげる」Frommの優しく暖かさのある歌声で、2人の恋に合う1曲となっている。

歌手Fromm(本名:イ・ユジン)は、1985年生まれ。2011年にデビューした女性ソロシンガー。神秘的な歌声でこれまでいろいろなドラマのOSTを担当している。「七日の王妃」、「愛の温度」、「初対面だけど愛してます」、「39歳」など。

<ネットユーザーの反応>

「美しい恋愛ドラマ」
「Frommの歌声が好き」
「心温まる曲になってる」
「歌詞が優しいし声も優しい」
「イ・ジェフンの演技最高」

「輝く星のターミナル」ではイ・ジェフンとチェ・スビンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2023.01.17

blank