「取材レポ」(29日)初開催「2022 MAMA AWARDS」Stray Kids、JO1、LE SSERAFIM、Kep1erなど豪華アーティストが集結!圧巻のパフォーマンスにファン大熱狂

グローバルK-POPファンが最も注目する年末音楽授賞式『MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)』が、今年からは『MAMA AWARDS(ママアワーズ)』にリブランディングされ、初開催となる『2022 MAMA AWARDS』が11月29日、京セラドーム大阪にて、幕を開けた。

『MAMA AWARDS』として、栄えある初代のMCとなったチョン・ソミが『2022 MAMA AWARDS』の始まりを告げると、沸き上がる会場。大きなハートが描かれたステージで「皆さん、こんばんは」と日本語で挨拶し、「今日のホストのチョン・ソミです」と自己紹介すると、世界一のワールドワイドK-POPイベントのホストを担う喜びを語り、「心が壊れる悲しい事件がありましたが、音楽を通して一つになりましょう」とコメントした。
さらに「盛り上がっていきましょう。早く、早く」とかわいい日本語で話し、チョン・ソミらしい愛嬌で「It’s Party Time!」と告げると、自らWORLDWIDE FANS' CHOICE NOMINATED SONGをダンスパフォーマンス。今年を代表するSEVENTEENの『HOT』、NCT DREAMの『Glitch Mode』、Stray Kidsの『MANIAC』、TREASUREの『JIKJIN』、TOMORROW X TOGETHERの『Good Boy Gone Bad』、ITZYの『SNEAKERS』、GOT7の『NANANA』、ENHYPENの『Future Perfect』、BLACKPINKの『Pink Venom』、BTSの『Yet To Come』などの楽曲で、LEEJUNG LEEをはじめとした多くのダンサーたちが入れ替わり立ち替わり、圧倒的なステージを披露した。

そしてトップバッターのステージを飾ったのはNMIXX。荒波の中を行く船をバックに歌った『O.O』に続き、一瞬でコートを脱ぎ、真っ赤な衣装となったメンバーたちは、『DICE』のステージを華麗に力強く披露した。

続いては、『ROAD TO MAMA AWARDS』で出演の権利を勝ち取ったDKZのパフォーマンス。大きなバイクもステージに登場し、イントロではジェチャンとジョンヒョンがピアノのメロディに合わせ、華麗なダンスを見せると、虎の映像をバックに勇ましい『Uh-Heung』のパフォーマンスを披露した。

ここで、プレゼンターのチュ・ジョンヒョクが登場し、「おおきに、皆さん、韓国の俳優チュ・ジョンヒョクです」と日本語で自己紹介すると、「キロギ トマトスイス ピョルトンビョル ウ・ヨンウ MAMA 上から読んでも下から読んでもMAMA」と『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の名台詞のパロディも交えて挨拶。そしてWorldwide Fans' Choice 1組目の受賞者をStray Kidsと発表した。
まずバンチャンが英語で喜びを伝えると、フィリックスも「こんなに貴重で大きな賞をくださってありがとうございます。そして本当にメンバーたちとSTAY(ファンダムの名前)のおかげでここまで来られました。本当に光栄ですし、いつもSTAYに感謝しています。いつもSTAYも応援しています」とコメントすると、パク・ジニョンをはじめとする、事務所のスタッフにも感謝の気持ちを伝えた。
スンミンも「STAYのおかげで信じられない記録をプレゼントしてもらえた気がします。常にもっと心から音楽をするグループになりたいです。これからも変わらず頑張る姿を8人で一緒にお見せしていきます。ありがとうございます」と伝えると、メンバーたちは深々とお辞儀をして、感謝の気持ちを示していた。

引き続きチュ・ジョンヒョクより、Worldwide Fans' Choiceの2番目の受賞者がSEVENTEENだと伝えらえた。残念ながら、この舞台で直接授賞の喜びを聞くことはできなかったが、映像でコメントを寄せ、ディノからは「本当に、この賞もCarat(ファンダムの名前)の方々の愛がなかったら、難しかったと思います。Caratの方々に心から感謝の気持ちを伝えたいです。来年はもっといいステージでお返しします」と伝えられた。

宙吊りでアクロバットをしながら、登場したヒョリンが『Layin' Low』を色気たっぷりに歌うと、バスタブに入ったBIBIが登場し、『BIBI Vengeance』を鋭い眼差しでパフォーマンス。さらに今度は椅子が二つとテーブルの尋問室で『youknowbetter』を2人で歌い、それぞれTシャツとキャミソールを脱ぎ捨て、ビビッドな赤と青のセクシーな衣装で『LAW』のステージを披露した。

2度目のMAMAだというカン・ハンナは、生まれ変わった『MAMA AWARDS』のステージに立ち、「特別な気持ちです」と伝えると、プレゼンターとして、Favorite New Artist一組目のIVEを発表。
ユジンは、「私たちIVEがFavorite New Artist賞を受賞しました。今年一年、たくさんの愛を送ってくださったDIVE(ファンダムの名前)、本当にありがとうございます。そしていつも私たちをたくさん助けてくださるSTARSHIPの皆さん、本当にありがとうございます。メンバーたちも本当にありがとうございます。私たちがこれからも頑張って活動するので、たくさん期待してください」と、喜びを伝えた。

引き続きカン・ハンナより、3組目のWorldwide Fans' Choice受賞者がTREASUREだと発表されると、あふれる笑顔でチェ・ヒョンソクが「私たちは今日、2度目のMAMA AWARDSに来られました。夢のような場所で、そして夢の空間で今こうやって夢のような賞をもらうことができて、本当に僕たちが受賞してもいい賞なのかと思ったりしますが、この賞をくださったTREASURE MAKER(ファンダムの名前)の方々に心から感謝しています。いつも僕たちが辛い時、悲しい時に一緒に過ごしてくださったTREASURE MAKERのおかげで、僕たちがもっと頑張れます。皆さん、本当にありがとうございます」とコメントすると、ジフンもスタッフに感謝の気持ちを伝え、ヨシも「TREASURE MAKER、ありがとうございます。こんな賞をいただけたのは、全世界のTREASURE MAKERのおかげですし、これからもずっと上に直進していく、素敵にTREASUREになります」と喜びを伝えた。

イントロのダンスパフォーマンスで始まったJO1のステージは、クラシックな弦楽器と『SuperCali (MAMA ver.)』でコラボレーションし、見どころ満載ステージとなっていた。

(G)I-DLEの映像を挟み、クァク・ユンギGabeeがプレゼンターとして登場。楽しい2人の会話に続いて、Yogibo Chill Artistの受賞者がStray Kidsだと発表された。
再びトロフィーを手にし、ハンは「まずあまりにも大きな賞をくださってありがとうございます。先ほどスンミンが言ったように、最近、朝目覚めるたびに本当に新しい人生を歩んでいるようです。いつもSTAYのおかげだと思います。いつもこのように僕たちに愛をたくさんくださって、本当に感動的な瞬間と僕たちに長く残るであろう思い出をたくさんプレゼントしてくださってとても感謝しています。今日もSTAYにいい思い出を一つもらえた気がします。これからも応援と声援に応える気持ちで、素敵なステージが作れるように努力します」と感謝の気持ちを伝えると、バンチャンからは「STAYの皆さん、めっちゃ好きやねん。ありがとうございます」と日本語のコメントも飛び出していた。

雪景色の中、イントロでダンスパフォーマンスを披露したLE SSERAFIMは、『ANTIFRAGILE』に続き『D.B』までパフォーマンスすると、『FEARLESS』では、20名ものダンサーと一緒にダイナミックなステージを見せ、第1部を華やかに締めくくった。

写真:「2022 MAMA AWARDS」 c CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

(2ページに続く)

関連記事

2022.12.03

blank