≪韓国ドラマOST≫「先輩、その口紅塗らないで」、ベスト名曲 「Lean on me」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「先輩、その口紅塗らないで」OST(サントラ)、今日の1曲>

youtube動画:「Lean on me」

今回も「先輩、その口紅塗らないで」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「恋慕」のロウンと「僕を溶かしてくれ」のウォン・ジナがタッグを組んだ作品。
コスメブランドの会社で働くソンアは、バリバリのキャリアウーマン。一方入社1年目のヒョンスンはそんなソンアに密かに想いを寄せていた。ソンアはチーム長のジェシンと社内恋愛をしていたが、ジェシンの二股を偶然知ったヒョンスンはソンアへの想いを強めていく。

今日の1曲は、キム・ジョンワン(NELL)が歌う「Lean on me」。

<歌詞の解説>

「心にとどめた多くの文が 思い出せなくて 聞きたかった理由さえも 忘れて 君の前に立つと
僕の全てが止まってしまう こんな風に 僕の肩にもたれてくれないか」
歌詞の最初では、ソンアを見つめるヒョンスンの気持ちが表現されている。

「頼ってほしい 頭の中が複雑で 意味も分からずさまよう そのうちすべてが怖くなって
君だけが 多くの人たちの中で 他の人に目がいかなくなる 僕を焦らせる 抱きしめたくなる
他のことは全部忘れて 言いたい言葉 僕に頼ってもいいから」
ただソンア一人しか目に入らないヒョンスンの一途な気持ちが伝わる。

「一人でもいいと 僕は空虚な心をずっと やっと君に少し頼ってもいいかな
頼ってほしい 特別な一日に驚く 名前も知らない感情に 胸がいっぱいになるくらい大切で
君だけなんだ 日々の中で 他のことは気にならない 僕は幸せなんだ
他のことは全部忘れて 言いたい言葉 僕に頼ってもいいから」
自分も相手に頼りたいという気持ちと、頼ってほしい気持ちが交差している。

「いつも同じ風景でも 気持ちは変わるみたいだ 当たり前の一日でも 胸がいっぱいになる
その理由は君なんだ」 ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「頼ってほしい 何でもできそうでも 何か一つを失ったように 心が意地を張ってる 君にだけ
多くの人たちの中で 僕だけ特別に照らしてほしい 心を育てて 他のことは全部忘れて 言いたい言葉
僕に頼ってほしい
長い時間のすき間に 小さな夢を見させてくれる 少し泣きたくなるように 慰めてくれる
他のことは全部忘れて 言いたい言葉 僕に頼ってくれないか」
キム・ジョンワンの繊細な歌声とサビの盛り上がりで、恋心を歌い上げる。

キム・ジョンワン(本名:同じ)は1980年生まれ。2001年にロックバンドNELLのボーカルとしてデビュー。
シンガーソングライターとしても活躍している。独特の曲調と歌声で長く人気を保つ長寿バンドだ。ソロでもOSTに参加しており、これまで「怪しいパートナー」や「誰も知らない」、「ザ・キング:永遠の君主」、「九尾狐伝」などで曲を歌っている。

<ネットユーザーの反応>

「NELLの曲は昔から好き」
「キム・ジョンワンの歌声は独特」
「サビの盛り上がりがいい」
「男性心理の歌詞が素敵」
「ドラマにマッチした大人っぽい曲」

「先輩、その口紅塗らないで」ではロウン(SF9)と、ウォン・ジナの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.08.04

blank