≪韓国ドラマOST≫「先輩、その口紅塗らないで」、ベスト名曲 「トキメキ」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「先輩、その口紅塗らないで」OST(サントラ)、今日の1曲>

Youtube動画:「先輩、その口紅塗らないで」OST 「トキメキ」

今回も「先輩、その口紅塗らないで」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「恋慕」のロウンと「僕を溶かしてくれ」のウォン・ジナがタッグを組んだ作品。
コスメブランドの会社で働くソンアは、バリバリのキャリアウーマン。一方入社1年目のヒョンスンはそんなソンアに密かに想いを寄せていた。ソンアはチーム長のジェシンと社内恋愛をしていたが、ジェシンの二股を偶然知ったヒョンスンはソンアへの想いを強めていく。

今日の1曲は、ウナ(元GFRIEND、現VIVIZ)が歌う「トキメキ」。

<歌詞の解説>

「2回 3回 私にきくの このドキドキは季節のせいかな 
 あなたに会うのがまたときめく理由 人々は私にこう言うの 
 恋はいつも雷のように落ちるんだって 振り返れば私たちが出会った瞬間 
 濃い花の香りがして 青い雨が降ったら こんな気持で始まった恋」
歌詞の最初では、相手へのトキメキを自覚した自分を振り返っている様子がわかる。

※サビ「トキメキ 私たちが出会った春 また春が来てトキメクの 
 すこし触れるだけでもドキドキするのに 待ちわびた私たちの春 
 思い切り楽しんだ私たちの春 この心はいつでも緑の春」
サビでは、恋をして気持ちが春を迎えている幸せな様子が表現されている。

「窓の外は黄色に染まっていく まるで私に手を振ってるみたい 
 陽の光がこの心に話しかけてきた瞬間  雨に濡れた青い葉を見るとき 
 赤い夕日が沈んで こんな気持ちで始まった恋」
一日の終わりの空も自分の味方のように感じる心情が伝わる。

※サビのリピート

「その瞬間感じた 逃げるように去って行った 心の中にあった夢のような一日」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「ようこそ 嬉しい一日 トキメキを隠せない一日 
 指先が触れただけで胸がいっぱいになって 期待でいっぱいになったこの心 
 今日を思い切り楽しみたいの 今日の心は緑の春」
ウナの可愛らしい歌声で恋するトキメキを伝えている。

ウナ(本名:チョン・ウンビ)は、1997年生まれ。2015年ガールズグループ「GFRIEND」のメンバーとしてデビュー。2021年5月に脱退、現在は3人組「VIVIZ」のメンバーとなっている。ソロでOSTに多く参加しており、「ラブリー・ホラーブリー」、「六龍が飛ぶ」、「絶対彼氏」、「先輩、その口紅塗らないで」、「愛の温度」などがある。

<ネットユーザーの反応>

「恋する乙女心を歌っていてかわいい」
「ウナの歌声がキュート」
「歌唱力も可愛さも抜群」
「大人の恋に可愛さが見えていい」
「ラブソングらしい明るい曲」

「先輩、その口紅塗らないで」ではロウン(SF9)と、ウォン・ジナの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.08.03

blank