「イベントレポ」防弾少年団(BTS)サウジ・スタジアムで海外アーティスト初の公演を飾る「この瞬間、忘れない」

スタジアムツアーを続けているボーイズグループ「防弾少年団」がサウジアラビアもまた紫色の波に染まった。

「防弾少年団」は12日の午前1時30分(日本時間)にサウジアラビア・リアドのキング・ファハド国際スタジアム公演でワールドツアー「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」を開催した。

同日本格的なコンサートの開始を前に講演会場には「防弾少年団」のミュージックビデオが流れる中、会場をいっぱいに埋めたファン「ARMY(ファンクラブ名)」たちがともに一緒に歌い盛り上がった。そしてメンバーたちの姿が盛り込まれたVCRで公演の始まりを知らせた「防弾少年団」は「Dionysus」で砲門を開いた。オールホワイトの姿で華やかな装飾が施された衣装を身に着けた「防弾少年団」は強烈なパフォーマンスで視線を捕らえた。リーダーのRMは「ARMYたち!」と叫び「Not Today」まで披露し、華麗で強烈なカリスマ性を届けた。

ステージを終え「防弾少年団」は準備したアラブ語でARMYたちにあいさつをした。続いてメンバーたちは各自の紹介を続け、RMは「皆さんたちが遠くからくださる愛が大きいことを知っている。今日はずっと待っていた祭だ」と語った。これにJUNG KOOKは「皆さんたちが韓国から飛べるように翼を付けてくれた。最高だ」といいねポーズをしてみせた。

RMは「韓国で見守ってくださっている韓国のARMYたちよく見ていますか。私たちはここにいる」とあいさつし、SUGAは「もう準備できた?」と続き「Wings」を熱唱した。

(2ページに続く)

 

  • 【トピック】「防弾少年団」JUNG KOOK、ますますカッコ良くなるビジュアルが話題
  • K-POP拡張とサウジアラビア文化の開放…その中心には防弾少年団(BTS)と「LOVE YOURSELF」
  • 防弾少年団(BTS)、サウジ首都で単独公演する初の海外グループになるまで
  • 防弾少年団(BTS)、サウジアラビで、ラフなスタイルであいさつ!”現代自動車初めてのサウジアラビアをサポート”
  • 2019.10.12

    blank