パク・キリャンとアルベルト、番組で悪質コメント読み上げ…ロナウド不出場騒動についても言及

パク・キリャンとアルベルト、番組で悪質コメント読み上げ…ロナウド不出場騒動についても言及

チアリーダーのパク・キリャンとイタリア人タレントのアルベルトが、自分たちに向けられた悪質なコメントについて本音を打ち明けた。

11日に放送されたJTBCのバラエティ番組「アクプル(=悪質な書き込み)の夜」には、チアリーダーのパク・キリャンとタレントのアルベルトがゲストとして出演した。

まずアルベルトが「努力もしないでラクに稼いでいる外国人」「キムチが好きなフリ」「通訳騒動」「イタリア人なのに顔が残念」などといった自身に対する悪質コメントを読み上げた。

続いてパク・キリャンは「頭からっぽ。TVに出るな」「そろそろチアリーダーも潮時」「芸能人になりたくてチアリーダーになった」「骨と皮」「スポンサーなしでは生活できない人」などの書き込みを読み上げた。

同番組に外国人として初めて出演したアルベルトは「私に対してもそうですが、他の外国人タレントに対しても悪口が多いようです」と語った。さらに、イタリアでも悪質なコメントは存在することを明かした。

チアリーダーとして初めて出演したパク・キリャンは「私の一言が影響することもある。せっかく出演したんだし、全て打ち明けたい」と語った。

アルベルトは「ロナウド不出場」騒動の当時、ユベントスのファンとして主催側の求めに応じ、ノーギャラでファンミーティングの司会と通訳を請け負ったと明かした。

専門の通訳者ではなかったことで悪質な書き込みが増え始めたと説明。アルベルトは、外国人タレントに対する否定的な見方について「嫌う人の気持ちも理解する。今はまだ過渡期だと思う」と語った。

(2ページに続く)

2019.10.12

blank