パク・キリャンとアルベルト、番組で悪質コメント読み上げ…ロナウド不出場騒動についても言及

キムチが好きなアルベルトだが、嫌いな料理があることも打ち明けた。アルベルトは「インスタントラーメンが嫌い。チャジャンラーメン(チャジャン麺風のインスタント麺)だけは好き」と語った。

さらにアルベルトは「韓国の魚介類は絶品。でも、味付けの濃いテグチムやアグチムなどは残念。本来の味を生かしてほしい」と本音を述べた。

アルベルトは「平昌オリンピック前、韓国内の微妙な雰囲気について、イタリアの新聞に韓国が危険だという趣旨の記事が上がった」とし、直接記者にメールを送った事実を明かした。

アルベルトは「記事を書く前に確認してほしい、駐韓イタリア大使にインタビューしてみるといい、などと提案した」と加えた。

アルベルトの提案によって、駐韓イタリア大使とのインタビューが実際にイタリアの新聞に掲載され、嬉しかったという。

一方パク・キリャンは、チアリーディングの時に最も“のれる”曲として、「少女時代」の「GEE」を上げた。

パク・キリャンはさらに、見た目に関する悪質な書き込みに対し「一生懸命やってきたと思っているのに、何故悪く言われるのか理解できない」と述べ、陰で泣いたこともあると打ち明けた。

パク・キリャンは、チアリーダーたちの「スポンサー」「選手との私的な関係」についても釈明した。

「タレントになりたくてチアリーダーをやっている」という指摘については、女性芸人のキム・スクが代弁した。

キム・スクはパク・キリャンに事務所を紹介したものの、パク・キリャンはチアリーディングチームの一員としてやっていきたいとして丁重に断っていたことを明かした。

JTBC「アクプル(=悪質な書き込み)の夜」は、芸能人の宿命ともいえる「悪質な書き込み」についてオープンに語り合う番組。

正しいコメントマナーと文化について、今一度振り返ることを目的とした番組だ。

WOW!korea提供

2019.10.12

blank