「イベントレポ」防弾少年団(BTS)サウジ・スタジアムで海外アーティスト初の公演を飾る「この瞬間、忘れない」

ARMYたちは「BTS」と叫びながらアンコールを待ち、再び舞台に上がった「防弾少年団」は、白や黒のTシャツなどラフな姿で舞台に上がり、「Anpanman」でウィットに富んだパフォーマンスを繰り広げた。舞台の真ん中にある乗り物を楽しむメンバーの姿も目を引いた。「So What」まで披露した後Vは「今日は気分がとても良い。ARMYもそう?」と述べアラビア語で「最高です!」と言った。 J-HOPEもアラビア語で「愛しています」と言った。「Make It Right」まで歌った「防弾少年団」のRMは「今日一緒に過ごすことができてとてもうれしい」と述べた後、JINは「まもなく私たちが一緒にお祝いすることがある」とし今月13日に誕生日を控えたJIMINを祝った。JIMINは舞台を走り回りながら「気分がとても良い。皆さんありがとう。私が皆さんとこんなふうに会えると思って自分の誕生日であることを忘れていた。それで突然の誕生日にお祝いしてもらってとても幸せだ。皆さんとメンバーたちと私の誕生日を一緒に過ごすことができてもっと幸せだ」と最高の笑顔で喜んだ。



またメンバーたちはARMYに携帯電話のライトで「WAVE」を作ることを提案し、あまりにも早く終わると、Vが説明に乗り出したが、やはり早く終わって笑いを誘った。またVは「この瞬間と感情を私の心の中にしまっておきたい」とし、「本当に多くのファンたちがいらっしゃったが、私たちがこんに会場を埋めることができるということが信じられないし、ここにいるということ自体が気持ちがいい。今度また必ずここに来たいし、こちらのARMYの皆さんたちに会って幸せに帰れそうだ。本当に感謝している。私たちまた会いましょう」と感想を述べた。SUGAは「サウジでの公演は初めなのに、楽しく楽しんでいただき驚いた。また来てもいいでしょうか。 皆さんがいたらいつでも来る。ありがとう、愛してる」と伝えた。

JUNG KOOKは「私たちが一生懸命舞台に臨んでいるうちに、サウジまで来るようになった。 皆さんも幸せな感情をたくさん受け取ってくれたら幸いだ。これからもとても愛してください。ありがとう」と明かし、投げキッスをしたJINは「ARMYの皆さんと一緒に公演するのはいつも楽しいと思います。公演を楽しんでくれた私たちのメンバー、とても愛している。私たちのARMYの皆さん、本当に愛してます。ARMY、愛してるよ。アイラブユー!」と叫んだ。JIMINは「皆さんと一緒に過ごして、心から感謝したい」としJ-HOPEは「この歓声、この雰囲気が本当に懐かしかった。緊張したが久しぶりに会えてうれしかった。意味のある席を作ってくださって本当に感謝します」と述べた。RMは「この夜を思い出してほしい。感謝し愛している」と最後の曲「Mikrokosmos」で「防弾少年団」はサウジアラビアでの海外アーティスト初の、スタジアム公演は華やかに幕を閉じた。

 

WOW!korea提供
 

  • 【トピック】「防弾少年団」JUNG KOOK、ますますカッコ良くなるビジュアルが話題
  • K-POP拡張とサウジアラビア文化の開放…その中心には防弾少年団(BTS)と「LOVE YOURSELF」
  • 防弾少年団(BTS)、サウジ首都で単独公演する初の海外グループになるまで
  • 防弾少年団(BTS)、サウジアラビで、ラフなスタイルであいさつ!”現代自動車初めてのサウジアラビアをサポート”
  • 2019.10.12

    blank