「取材レポ②」(30日)『2022 MAMA AWARDS』アジア初のソロステージj-hope(BTS)からIVE、ITZYなどアーティストとファンがK-POPでつながった夢の時間

グローバルK-POPファンが最も注目する年末音楽授賞式『MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)』が、今年からは『MAMA AWARDS(ママアワーズ)』にリブランディングされ、京セラドーム大阪にて初開催となった『2022 MAMA AWARDS』が11月30日、2日目を迎えた。
2日目のホストは、今回で4回目となるパク・ボゴムが務めた。

第3部のオープニングはITZYのパフォーマンスからスタート。『THE BIRTH』では布を使ったダンスパフォーマンスを見せ、続けて『Cheshire』『SNEAKERS』の2曲を披露した。

ここでホストのパク・ボゴムが「MAMAでしか見ることができないアイコニックな瞬間を最後までご一緒してください。では3部を始めます」と第3部の本格的な始まりを告げると、ファン・ミンヒョン、アン・ソヒがプレゼンターとして登場。
アン・ソヒは「とっても素敵なステージが多くて、すごく驚いています」、ファン・ミンヒョンは「本当に胸がドキドキします。すぐにステージに上がりたかったです」と公演を見た感想を伝えると、さらにファン・ミンヒョンが「先輩は聞く人の心を一気に捉える当代最高のヒット曲をお持ちじゃないですか。本当に素敵で素晴らしいです」と敬意を示し、アン・ソヒも「ミンヒョンさんも同じじゃないですか。実際に私が歌った歌をこのように世界のファンのみなさんが一緒に歌ってくださって、好きでいてくださることは、歌手として本当にありがたいですし、気分がいいです」と答えていた。

そしてアン・ソヒからFavorite Female Groupの受賞者が(G)I-DLEだと発表されると、ソヨンは「まず、この賞をくださったNEVERLAND(ファンダムの名前)、本当にありがとうございます。私たちが昨年、この時期にMAMAを一緒に見ながら、うらやましく思っていた記憶があります。ですから、この賞が意味深く、胸がいっぱいですし、ここまで頑張ってくれたメンバーたちに本当に感謝しています」とコメントし、事務所にも感謝の気持ちを伝えた。そしてシュファ、ウギは中国語、ミンニは英語で感謝の言葉を伝えた。

続けてファン・ミンヒョンからBest Dance Performance Male Groupの受賞曲がSEVENTEEN『HOT』と発表されると、SEVENTEENからはビデオメッセージが寄せられ、S.COUPSは「今年はとてもたくさんの愛をくださり、感謝しています。次も良いパフォーマンスと音楽でCARAT(ファンダムの名前)、そしてたくさんの方々にたくさんの良いエネルギーを与えられるようなSEVENTEENになります」とコメントした。

イム・ヨンウンMonikaのコラボステージでは、イム・ヨンウンの感性的な歌声とMonikaの独創的なダンスが融合した幻想的な世界が繰り広げられ、『Our Blues, Our Life』『If We Ever Meet Again』の2曲が披露された。

続いてキム・ドンウクがプレゼンターとして登場すると、「子供の頃から音楽を聞くのがとても好きでした。ジャンルを選ばず聞いていましたが、今日『MAMA AWARDS』に来て、好きな全てのジャンルの曲を見ているように感じます。音楽を楽しむという言葉がぴったり合う、そんな瞬間だと思います。K-POPアーティストの皆さん、今日この舞台のためにどれだけ多く悩み、努力をされたのか、その姿が想像できます。本当に大きな拍手を送りたいです」とコメントし、The Most Popular Groupの受賞者をStray Kidsと発表した。

バンチャンはパク・ジニョンをはじめとする、事務所のスタッフ、家族に感謝の気持ちを伝え、「僕たちにこのような大きな賞をくださった本当にたくさんのSTAY(ファンダムの名前)、本当にありがとうございます。この栄光をどのように表現すればいいのかわかりません」とコメントすると、フィリックスは英語で「これからもStray Kidsの活動にたくさん期待してください。全世界のSTAYの皆さんが僕たちを作ったと思います」、リノは日本語で「STAYの皆さん、本当にありがとうございます。この賞はSTAYのおかげだと思います。これからも頑張ります。たくさん愛してください」とコメントし、最後はバンチャンが「これからも、もっと良い音楽を作るために、できる限りの努力をするグループになります」と締めくくった。

続けてキム・ドンウクからBest Collaborationの受賞曲がPSYの『That That (prod. & feat. SUGA of BTS)』だと発表された。PSYからは、ビデオメッセージが寄せられ、「このコラボレーションを生み出してくれたSUGA、ミン・ユンギさんともこの栄光を一緒に共有します」とコメントした。

客席からダンサーが現れるという衝撃的なスタートで始まったのは、ZICOのステージ。圧倒的な存在感で『Freak』を披露すると、(G)I-DLEのソヨン、STREET MAN FIGHTERのクルーとコラボした『New thing』まで披露した。

ここで、Best OSTの受賞曲がMeloManceの『Love, Maybe (ドラマ「社内お見合い」OST)』とアナウンスされると、MeloManceはビデオメッセージを寄せ、キム・ミンソクは「たくさんの関心と愛を送っていただき、本当にありがとうございます」、チョン・ドンファンは「これからも皆さんにとって美しい音楽、良い音楽をたくさんお聞かせできるMeloManceになります」と、それぞれコメントした。
さらにBest Male Groupの受賞者がBTS、Best Music Videoの受賞曲がBLACKPINK 『Pink Venom』とアナウンスされた。

写真:「2022 MAMA AWARDS」 c CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

(2ページに続く)

関連記事

2022.12.05

blank