チョン・へイン『スノードロップ』&三池監督、ソン・ソック「私の解放日誌」や ホ・ソンテ「イカゲーム」ら豪華韓国スター&監督がステージに集結! 初解禁!『BTS MONUMENTS: BEYOND THE STAR 原題)』『J-HOPE SOLO DOCUMENTARY(仮題)』を含む、 韓国オリジナルコンテンツのラインナップを一挙解禁!

「ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022」がシンガポールで開催!
チョン・へイン『スノードロップ』&三池監督、ソン・ソック「私の解放日誌」やホ・ソンテ「イカゲーム」ら豪華韓国スター&監督がステージに集結!
初解禁!『BTS MONUMENTS: BEYOND THE STAR 原題)』を含む、韓国オリジナルコンテンツのラインナップを一挙解禁!!

ウォルト・ディズニー・カンパニー・アジア・パシフィックは、11 月 30 日(水)~12 月 1 日(木)の 2 日間にわたり、「ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022」をシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで開催中です。来年 100 周年を迎えるウォルト・ディズニー・カンパニーが、「マーベル・スタジオ」「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」「ピクサー・アニメーション・スタジオ」「ルーカスフィルム」の劇場公開作品に加えて、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」で配信を予定している APAC(アジア太平洋地域)向けのオリジナル作品など、50 を超えるタイトルを発表いたしました。
APAC オリジナル作品の中でも注目の高い韓国コンテンツのステージでは、ハイクオリティなドラマ作品に加えて、BTS や NCT127 など K-POP ボーイズグループのドキュメンタリー作品、バラエティ番組を含むタイトルが解禁に。さらに、12 月に配信を控える期待の韓国ドラマ『コネクト』『カジノ』、そして新たに発表された『コール・イット・ラブ(原題)』の主要キャスト、監督らがステージに登場!
それぞれのドラマについて熱く語りました。


(左から『コネクト』 場面写真        『カジノ』場面写真         『コール・イット・ラブ』(原題)場面写真)

来年 100 周年を迎えるウォルト・ディズニー・カンパニー(TWDC)が、11 月 30 日・12 月 1 日、シンガポール・Marina BaySands にて『ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022』を開催。400 人を超えるメディアパートナーが集結する中、「Disney 100Years of Wonder/これからの物語も、一緒に。」をテーマに、ディズニー、マーベル、ピクサー、ルーカスフィルムなどが今後予定している劇場公開作品のプレビューや、2023 年にディズニープラスと Disney+Hotstar で配信予定の APAC 向けのコンテンツやオリジナル作品を紹介しました。


ショーケースのイントロダクションでは、「『ビッグマウス』『サウンドトラック #1』『IN THE SOOP フレンドケーション』は、APAC のほとんどの市場において、配信初週に最も視聴された作品にトップ 3 にランクインした」と語られ、 「APAC からのコンテンツは次の100 年の中心となることだろう」と期待が寄せられました。
ハリウッド作品を中心に紹介した「ディズニー・コンテンツ・ショーケース Part 1」では、パク・ソジュンがマーベル・シネマティック・ユニバースの映画『ザ・マーベルズ(原題)/The Marvels』(2023 年 7 月 28 日全米公開)でハリウッドデビューすることが明らかに。また、「イカゲーム」のイ・ジョンジェが、ディズニープラスの『The Acolyte(原題)』に合流することが発表され、イ・ジョンジェがVTR で「ディズニーの仲間入りができて嬉しい。是非とも期待してほしい」とメッセージを寄せた。
韓国からは、『サウンドトラック#2』『J-HOPE SOLO DOCUMENTARY(仮題)』など新規コンテンツが紹介された。ディズニープラス オリジナルの音楽ドキュメンタリーシリーズのひとつ『BTS MONUMENTS: BEYOND THE STAR(原題)』の主人公である BTS からは VTR が届き、「僕達の成長と音楽的なストーリーを込めたドキュメンタリーです」(SUGA)「僕達のこ
れまで語ってこなかった心のうちも見ることができます」(V)とメッセージを寄せた。

◆『コール・イット・ラブ(原題)』より、キム・ヨングァン、イ・ソンギョン、イ・グァンヨン監督が登壇!
3作品のクリエイターや出演者が実際にステージに登場。まずは、来年初めにディズニープラス スターで配信される『コール・イット・ラブ(原題)』に出演するキム・ヨングァン、イ・ソンギョン、イ・グァンヨン監督が登場。イ・グァンヨン監督は、「愛をテーマにしています。
大きな事件や難しい話はありませんが、嘘のない真実の愛を描いた作品です」と説明。主演のキム・ヨングァンとイ・ソンギョンのケミストリーについて聞かれると、「ビジュアル的なケミストリーは私が話さなくてもわかると思います。あまりに華やかに見えてしまわないかと心配しましたが、お二人とも力を抜いた演技で、見事に"平凡な人物"を演じてくれました」と絶賛した。キム・ヨングァンは、イ・ソンギョンについて、「昔から仲のいい方です。キャラクターそのままの姿だったので、演技をするときに刺激を受けました」。そして「愛というのは大きなプレゼントではなく、ささやかなことで癒されたり、慰められたりすることが多いということが感じられると思います」とコメントした。イ・ソンギョンは、「今までの作品の中で、最も心に入り込んでくる、力を入れずに演技ができるキャラクターでした。現実的な姿をそのまま映し出したので視聴者の皆さんも、キャラクターに共感したり、応援したりできると思います。物語の余韻を感じてほしいです」と語った。最後に、イ・グァンヨン監督が、「メインの二人のほか、他のキャラクターの人間群像も出てきます。彼らに入り込んでもいいと思います。
「私はウジュ(イ・ソンギョン扮)、このキャラクターが私に近い」と共感したり、周りの人と話したりしながら観てほしいです」とメッセージを贈った。

◆『カジノ』より、カン・ユンソン監督、イ・ドンフィ、ホ・ソンテが登壇!
映画俳優チェ・ミンシクの 25 年ぶりとなるドラマ出演作で、12 月 21 日に配信が決定している『カジノ』から、カン・ユンソン監督、イ・ドンフィ、ホ・ソンテが登壇。監督は、チェ・ミンシクが出演するに至った経緯について、「以前短編映画をチェ・ミンシクさんと準備していましたが、途中でストップしてしまいました。その中で『カジノ』の脚本をお見せしたところキャラクターが魅力的だと言って即決してくださいました」とキャスティング秘話を明かしました。作品の見どころについてイ・ドンフィは「チェ・ミンシクさんの復帰作です。それに加えて、僕が好きなソン・ソックさんの最新作でもあります。また、ここにいる俳優以外にも、たくさんの俳優が登場します。演出スタイルにも期待してほしいです」とコメント。ホ・ソンテは、「僕は(12 月に配信される)シーズン 1 の幕を閉じて、シーズン 2(2023 年配信)の幕を開ける役です」と、自身の役どころについて、ヒントを教えてくれました。フィリピンをはじめ、アジア各国で海外ロケを決行し
た今作。海外ロケのエピソードについて聞かれると、「フィリピンの俳優たちも出演してくれました。現地のスタッフたちともいい雰囲気の中で作品作りに取り組むことができたので、感謝したいです」とカン監督。「イカゲーム」で世界的に有名になったホ・ソンテは、「『イカゲーム』のおかげで、フィリピンでも気づいてくださる方が多くいらっしゃいました。暑い中でしたが、スタッフの方々が頑張ってくださり、
感謝しています」と語った。一方、イ・ドンフィは、フィリピンの現地スタッフから贈られたというブレスレットを披露。「ずっと身につけています。
僕の飼っている猫の名前である"ムラ"と入っているんです」と嬉しそうに報告した。

◆『コネクト』より、映画の鬼才・三池崇史監督、チョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュンが登壇!
韓国コンテンツ紹介のトリを飾ったのは、『コネクト』。ベネチア国際映画祭やカンヌ国際映画祭など海外でも高い評価を受ける“バイオレンスの巨匠”三池嵩史監督と韓国の実力派俳優たちがタッグを組む本作からは、三池崇史監督と主演を務めるチョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュンが登壇し、作品への思いを熱く語りました。
本作は、超過激バイオレンス・スリラーものでありながら、三池監督は「家族みんなで楽しめる家族映画になっています」と冗談を言って、会場の笑いを誘いました。日本の監督との作業について聞かれたチョン・ヘイインは「最初は信じられなかったです。でも、『コネクト』でなければ、三池監督と今後お仕事をする機会はないだろうと思い、出演させていただくことにしました。言葉の壁があるのではないかという心配もありましたが、作品を一緒に作る中で、国や言葉の壁を実感することはありませんでした」と言及。
また、コ・ギョンピョも「10 年ほど前、映画の勉強をしていたとき、三池監督の作品を楽しんで観ていました。その方と仕事ができるということで、夢だと思いました。みんなが楽しく仕事ができました」と充実した表情を見せた。紅一点のキム・へジュンは少し緊張の面持ちながらも、「私もお二人と同じで三池監督と仕事ができることを楽しみにしていました。一つの作品を作るという目標を持って撮影に挑みました。言葉の壁はないと思いました。特別な経験ができました」と堂々と語りました。作品の見どころについて聞かれると、三池監督は「冒頭から何が起こるかわからないハラハラドキドキに入り込んでもらいたいです。一方で、不老不死への欲、健康でありたいという人間の欲も流れています。二面性のあるドラマなので、2 度観ていただけると、全く違う感覚を得ることができると思います」と熱弁。「また、チョン・ヘインを隅々まで堪能できるのも見どころです」と語り、本作で鍛え上げられたボディを披露しているチョン・ヘインを苦笑させました。

『スノードロップ』につづき、1 年あまりで 2 作目のディズニープラス作品が配信されることになったチョン・ヘインは、前作のキャラクターとの違いに触れ、「前作では、強い身体能力と精神力を持った軍人役でしたが、今回はそれより増して、強い精神力と身体能力を持った”新人類”役ということで、自信を持って演技をしました。前作はロミオとジュリエットに近い役でしたが、今回は正義感を持っている人物で、三池監督からは、ダークヒーローだと説明していただきました」と明かしています。今回、殺人鬼という悪役を任されたコ・ギョンピョは「悪役ではありますが、彼にとっては理由がある行動です。しかし人間的ではありませんし、人間に見せかけた悪の本質を見せたいと思いました。たくさんの方にご覧になっていただきたいです」と作品をアピールしました。
全てのコンテンツ紹介が終わると、最後はミッキーマウスがサプライズ登場し、各国のゲストと集合写真を撮影。コ・ギョンピョは舞台袖からミッキーマウスを真似て歩き登場し、茶目っ気を見せていた。そして最後に、日本・韓国・インドネシアのゲストが大集合しての写真撮影が行われ、華やかなショーケースの幕を閉じました。

(2ページに続く)

関連記事

2022.12.01

blank