連日話題の「財閥家の末息子」、イ・ソンミンVSソン・ジュンギ…本格的な対決を予告


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

優れたストーリーテリングと革新的なコンテンツで最上のエンターテインメント経験を提供する世界的なストリーミングサービスDisney+が、緻密なミステリーと次元が異なる回帰物で面白さを届ける話題作、JTBCドラマ「財閥家の末息子」が今週土、日午後23時45分Disney+で公開され、話題を継続させる見通しだ。

スケールが格別な展開と、毎回スリル満点のカタルシスを伝えるキャラクターたちの熱演で連日話題を集めている「財閥家の末息子」が、今週チン・ヤンチョル会長(イ・ソンミン)とチン・ドジュン(ソン・ジュンギ)の本格的な正面対決を予告し、期待を高めている。

視聴率が全国基準14.9%、首都圏基準16.5%で、3話連続で自己最高を更新しただけでなく、瞬間最高視聴率は18.4%を記録して同時間帯1位の座を守った第6話では、新しいソウルタウン事業を次の目標に設定し、新しい場を設けたチン・ドジュンは再びスンヤングループとチン・ヤンチョル会長に当惑感を与え、ついにミラクルインベストメントの大株主として本当の姿を現し衝撃を与えた。

Disney+で見られる「財閥家の末息子」は、財閥一家のオーナーリスクを管理する秘書が財閥家の末息子に回帰し、2度目の人生を生きるファンタジードラマ。 作品は1987年から現在に至るまで幅広い時代像と、人生2回目というファンタジーを一緒に描き出し、格別な面白さを与えている。 同時に繰り広げられるスンヤングループの継承争いは、予測できない没入感とスリル満点のカタルシスをもたらしている。 ここにソン・ジュンギ、イ・ソンミン、シン・ヒョンビン、ユン・ジェムン、キム・ジョンナン、チョ・ハンチョル、パク・ジヒョン、ソ・ジェヒ、キム・ヨンジェ、チョン・ヘヨン、キム・シンロクなど最高の演技派俳優たちと「W-君と僕の世界-」 、「彼女はキレイだった」のチョン・デユン監督の感覚的な演出が加わり視聴者たちから愛を受けている。

今週の「財閥の末息子」の7、8話は土日23時45分、 Disney+を通じて視聴することができる。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.12.03

blank