「撮るなら何する?」ユ・ジェソクにイ・ミジュまで…“乞食のような格好”で縄跳びする理由は?


「撮るなら何する?」の メンバーたちが団体縄跳びに挑戦する。

3日に放送されるMBCバラエティ番組「撮るなら何する?」(原題:遊ぶなら何する?)は「ソウルに来たんだ(ソウルに来た乞食の意も)」編で構成されている。 ユ・ジェソク、チョン・ジュナ、ハハ、シン・ボンソン、パク・チンジュ、イ・イギョン、イ・ミジュ(元LOVELYZ)は持っているものを全て奪われたまま乞食のようにソウル名所に旅行に出る。

メンバーたちは旅行に必要な各種経費を稼ぐために多様なゲーム、クイズを展開して笑いを提供する。 そのうち、団体縄跳びに挑戦したメンバーたちの狂気に満ちた姿が公開され、早くも爆笑を誘発する。

公開された写真の中のパク・チンジュ、イ・ミジュの「ジュジュシスターズ」は縄ビンタの苦痛にも耐えながら団体縄跳びをしている。 恐ろしげに回る縄、パク・チンジュはおびえた様子。 イ・ミジュは地面に座り込んだまま、大逆罪人のようなポーズをしており、目を引く。

しがない運動神経によって穴になった「ジュジュシスターズ」は猛訓練の中で悲壮な表情で団体縄跳びをする。 兄たちは縄にひっかかるたびに「しっかりしろ」、「お金稼がないと」と小言を言い、ついにパク・チンジュはユ・ジェソク、ハハと個別面談までする。 特にハハはパク・チンジュに縄をを飛び越えるしかない殺伐とした?ヒントを教え、果たして特段の措置でメンバーたちは団体縄跳びミッションを成功できるか関心が集中する。

団体縄跳びでメンバーたちは果たしていくら稼ぐことになるのかは、3日午後6時25分に放送されるMBC「撮るなら何する?」で確認できる。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.12.03

blank