「PHOTO@高陽」イ・ジュノ(2PM)、チョン・ヘイン、ソン・ジュンギ、アン・ボヒョンら「第8回2022 APAN STAR AWARDS」レッドカーペットに登場

イ・ジュノ(2PM)、チョン・ヘイン、ソン・ジュンギ、アン・ボヒョン、ソンフン、チュ・サンウク、チェ・ジニョク、ユン・チャニョンが29日午後、キョンギド(京畿道)コヤンし(高陽市)イルサン(一山)「KINTEX(キンテックス)」で開催された「第8回2022 APAN STAR AWARDS」レッドカーペットイベントに参加し、フォトタイム撮影に臨んでいる。
「2022 APAN STAR AWARDS」は、大衆文化全般に強大な影響力を与えた最高のアーティストたちが総出動するグローバルK-ドラマフェスティバルの場で、ドラマ 「ポッサム-運命を盗む」と「 グッジョブ」で呼吸を合わせている俳優チョン・イルと少女時代のメンバー兼女優クォン・ユリがMCを務める。

前回の授賞式以来2年ぶりの開催となる「2022 APAN STAR AWARDS」は、2021年3月から2022年7月まで地上波、ケーブル、OTTなど全プラットフォームで放送されたすべてのドラマコンテンツを対象に進行される。特に今年はK-ドラマが世界的にその作品性を認められただけにあらゆる部門で激しい競争を予告している。

授賞部門は、作品賞、男女新人賞、男女演技賞、男女優秀演技賞(連続ドラマ、ミニシリーズ、OTT)、男女最優秀演技賞(連続ドラマ、ミニシリーズ、OTT)、男女俳優人気賞、ベストカップル賞、OST賞、K-POPレーベル賞、Webドラマ賞、短編ドラマ賞、作家賞、演出賞、大賞などがあり、各部門の候補者が参加する。








関連記事

2022.09.29

blank