「合同インタビュー」ハマリ役ユ・ジョン先輩を魅力的に演じたパク・ヘジン、「作品出演は毎回が挑戦!できない姿は見せたくない」と語る本当の素顔とは?

2018.07.05

韓国で累計再生回数11億回を記録した大人気ウェブ漫画が原作で、ドラマ化に続き、実写映画化されたハラハラドキドキの胸キュンラブストーリー「映画チーズ・イン・ザ・トラップ」(7月14日公開)。

2016年に放送され、大人気を博したドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で、“ユ・ジョン先輩シンドローム”を巻き起こしたパク・ヘジンが再び主演を務め、視聴者を悶絶&胸キュンさせたソフトで甘い笑顔と、クールなカリスマ性を併せ持つキャラクターで、スクリーンにカムバック!
また、ドラマではキム・ゴウンが演じたヒロインの“ホン・ソル”役を、原作ファンによるキャスティング希望投票で1位となったオ・ヨンソが務めるほか、ヒロインを巡る恋のライバル、ペク・イノ役に除隊後映画初出演となるパク・ギウン、その姉ペク・イナ役にユ・イニョンと映画ならではの豪華キャストが集結した。
しっかりしたストーリーと魅力的なキャラクター、スリルあふれる展開ながらも愛らしいエピソードで人気を博し、ウェブ漫画からドラマ、そして満を持して映画として生まれ変わった「映画チーズ・イン・ザ・トラップ」を引っさげ、パク・ヘジンが6月にジャパンプレミアのために来日し、合同インタビューが行われた。
インタビュールームに入って来たパク・ヘジンは、爽やかなルックスで、柔らかな笑顔で記者らにあいさつすると、隣にいた通訳者に先に座るよう促すという、紳士的な振舞いをさりげなく見せた後、時折り日本語も交えながら終始にこやかに、プライベートも垣間見えるさまざまな話を聞かせてくれた。

-本作は、原作ウェブ漫画を凝縮したスピーディーな展開でしたが、もし1つエピソードを加えられるとしたら、どのエピソードを選びますか?
映画でこのウェブ漫画を描こうとするには、シーズン制で制作しても足りないというぐらい量が多いので、今回の映画では、必要なエピソードを抜粋していますが、コレも入っていれば良かったんじゃないかなと残念に思ったのが、ユ・ジョンとイノ、イナの関係です。ユ・ジョンにとって、この2人はすごく大切な存在で、ユ・ジョンが変化していくうえで、大きな助けとなりました。そして、初めてできた友達でもあり、愛憎の入り混じった感情を持っているんですが、映画では十分に表現できなかったので、その部分を入れられたら良かったなと思いました。(2ページに続く)

 

<トレンドブログ>俳優パク・ヘジン、映画「チ・イン・ト」日本公開を前にプロモーションを行う♪

・「コラム」パク・ヘジン!初心を忘れない誠実な人気俳優

・俳優パク・ヘジン、映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」で日本訪問…”ユジョンは、パク・ヘジンの固有名詞”

・「取材レポ」パク・ヘジン、「映画チーズ・イン・ザ・トラップ」ジャパンプレミア舞台あいさつに登壇!作品に自信「ユ・ジョンを演じて有終の美を