公約を守ったパク・ソジュン&満足そうなパク・ボゴム、「青春MT」有終の美を飾る

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

「青春MT」が世界観大統合を成し遂げた。
21日に公開されたTVINGオリジナルバラエティ「青春MT~Re:メンバーアゲイン~(以下、青春MT)」8回では、ファンのために準備した特別イベント「青春屋台」を最後に美しかった「青春、最後の夜の記録」を書き下ろした。

まず「雲が描いた月明かり」チームのパク・ボゴムの野心作ビビン麺が最初のお客に味が薄いと評価された中、タレを追加して生まれ変わった2度目のビビン麺がお客のテーブルに向かった。「月明かりドンドン」のビビン麺が好評に続き追加注文まで引き出し、パク・ボゴムは麺さばきや無線電話での状況劇など多様なパフォーマンスを披露し、一層成熟したバラエティのセンスをアピールした。これに対してキム・ユジョン、ジニョン、チェ・スビン、クァク・ドンヨンは「仕事が面白くなった」というパク・ボゴムを心をひとつにして祝い、和やかな雰囲気を醸し出した。


「梨泰院クラス」チームのパク・ソジュンは、「私たちも挨拶に行こう」としてアン・ボヒョン、クォン・ナラ、リュ・ギョンス、イ・ジュヨンを一堂に集めた。彼らはお客のテーブルに出向いて、直接食べ物に対する反応を確認しながらファンと対話する時間を持った。帰るお客にも「タンバムスタイル」のファイト溢れる挨拶で「青春屋台」の雰囲気を盛り上げた。

(2ページに続く)

関連記事

2022.10.24

blank