「青春MT」パク・ボゴム、ビビン麺成功間近?! 追加注文に喜びのパフォーマンス

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。
俳優のパク・ボゴムがビビン麺に挑戦した。

「青春MT」のメンバーたちが連合MTの華麗なフィナーレを飾る。

今日(21日)公開されるTVINGオリジナルバラエティ「青春MT」8回では、青春俳優たちの幻想的なケミが光る「青春屋台」営業記と連合MTの最終話を描く。

7回では青春俳優たち3チーム3色の屋台準備過程から、「青春屋台」本格オープンまで初心者社長たちの孤軍奮闘記が繰り広げられた。 メンバーたちの力強いファイトと共に始まった「青春屋台」が果たして最後まで無事に運営できるか注目が集まっている。

「青春屋台」はファンに特別な時間をプレゼントするために準備されたイベントなので、青春俳優たちの溢れる情熱と愛情が目立つ予定だ。 特に「雲が描いた月明かり」チームのパク・ボゴムはビビン麺の追加注文が入ると、麺さばきから無線電話する劇まで各種パフォーマンスを大放出する。 パク・ボゴムがヤンニョム作りに失敗した過去の難関を乗り越えて、ビビン麺完売を成功できるか期待感が増幅される。

「梨泰院クラス」チーム長パク・ソジュンは、注文受付からサービングまで数多くのお客さんを一人で耐えながら混乱に陥ったクォン・ナラのために出動し、危機に直面した“帰ってきたタンバム”を救い出すという。 同じチームのアン・ボヒョンは屋台運営中に登場した赤ちゃん客に満面の笑みと目線に合わせたサービングを披露するなど、スイートさが爆発したという。

「アンナラスマナラ-魔法の旋律-」チーム長チ・チャンウクは、チキンの失敗が続いただけに超緊張状態に置かれる。 母鳥チ・チャンウクが黄金チキンを注文したお客さんの反応を見ている間、小鳥3人組ファン・インヨプ、チ・ヘウォン、キム・ボユンは食べ物が抜けているという便りを聞き「そんなはずがないのに」としてメンタル崩壊に陥る。 チキン失敗から注文漏れまで各種危機に陥った「アンナフードナラ」が緊急状況を克服できるか好奇心が沸き上がる。

きつい屋台営業期の中で花咲くケミ、「青春屋台」の最終話は本日(21日)午後4時に公開されるTVINGオリジナルバラエティ「青春MT」8回で確認できる。

関連記事

2022.10.21

blank