ユ・ヘジンとリュ・ジュンヨルのスリラー映画「フクロウ」、11月の公開確定


ユ・ヘジン、リュ・ジョンヨル主演の時代劇スリラー映画「フクロウ」(監督:アン・テジン)が、来る11月23日の公開を確定した。

「フクロウ」側は4日、このニュースと共に光と闇の対比が際立つ1次ポスターを公開した。

映画「フクロウ」は、夜だけ目が見える盲目の鍼灸師が世子の死を目撃した後、真実を明かすために繰り広げる一夜の死闘を描いたスリラーだ。

公開された1次ポスター2種は、ろうそくの火の前の「インジョ(仁祖)」(ユ・ヘジン扮)と火が消えたろうそくの前の「ギョンス」(リュ・ジョンヨル扮)が、1点を凝視する姿が対比している。2人の顔半分を覆う闇は、繰り広げられる物語のピリピリするような展開を期待させる。また「世子が死んだ」というフレーズが、世子の死にまつわる秘密が何なのかへの疑問を投げかける。

映画「LUCK-KEY」、「コンフィデンシャル/共助」、「タクシー運転手 約束は海を越えて」、「1987、ある闘いの真実」、「完璧な他人」、「鳳梧洞戦闘」をはじめ、最近公開された「共助2:インターナショナル」など、毎作品でヒットをけん引する俳優で、ジャンルを選ばず、完璧に役になりきるベテラン俳優ユ・ヘジンが、世子の死後、狂気に目がくらむ王「仁祖」役に扮(ふん)する。

また、ドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でライジングスターに浮上した後、映画「ザ・キング」、「タクシー運転手 約束は海を越えて」、「毒戦 BELIEVER」、「金の亡者たち」、「鳳梧洞戦闘」など多彩な作品で演技の幅を広げているリュ・ジュンヨルが、真実に目覚めた盲目の鍼灸師「ギョンス」に扮(ふん)し、作品への期待感を高める。

ここにチェ・ムソン、チョ・ソンハ、パク・ミョンフン、キム・ソンチョル、アン・ウンジン、チョ・ユンソなど、演技に定評のあるベテラン俳優たちと韓国映画界期待の若手俳優たちの出会いが注目を集める。

1次ポスター2種を公開した映画「フクロウ」は、世子の死を目撃した「盲目の鍼灸師」という新鮮な設定で、観客がこれまで感じたことのないスリラー映画を予告し、来る11月23日に公開される予定だ。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.10.04

blank