パク・ウンビン&ロウン(SF9)主演「恋慕」、国際エミー賞決勝進出

ドラマ「恋慕」が、「第50回国際エミー賞」のテレノベラ部門決選候補にノミネートされたとKBSが4日、明らかにした。
「恋慕」は、双子で生まれたが女児という理由だけで捨てられた子供が兄である世孫の死以来、男装して世子になることで繰り広げられる物語を描いたドラマだ。俳優パク・ウンビンが主人公イ・フィ役を演じた。


昨年放送したこのドラマは最高視聴率12.1%を記録して大人気で幕を下ろし、Netflixのテレビショー部門のグローバルトップ10にランクした。脚本を書いたハン・ヒジョン作家は、先月行われた「第17回ソウルドラマアワード」で国際競争部門作家賞を受賞し、主演を務めたパク・ウンビンは「第49回韓国放送大賞」で最優秀演技賞を受賞した。


「国際エミー賞」は、国際テレビ芸術科学アカデミー(IATAS)が毎年主催する行事だ。カナダの「バンフテレビ祭」、モナコの「モンテカルロ・テレビ祭」と共に世界3大放送賞に数えられる。最終受賞作を発表する授賞式は、11月22日にニューヨークで開催される。
「恋慕」の制作総括を引き受けたKBSユン・ジェヒョクCPは「国際エミー賞決勝進出は、国内外の視聴者の関心と愛のおかげだ」として「これをきっかけにさらに愛されるKドラマを制作するために邁進する」と伝えた。

関連記事

2022.10.04

blank