「インタビュー」俳優クォン・サンウ、OTT初挑戦のドラマ「危機のX」について語る

韓国俳優クォン・サンウが、OTTサービス「wavve」のオリジナルドラマ「危機のX」でウェブドラマに初挑戦した感想やシーズン2への期待を語った。

クォン・サンウは、取材陣とのインタビューで「現場で感じて楽しんだまま、作品に表れたようで満足しています。OTTドラマは初めてでしたが、地上波放送や視聴者のフィードバックのパターンが違うのが新しい経験でした」と伝えた。

続けて「制作発表会の時に笑えなかったら引退すると言ったんですが、個人的には引退しなくてもよさそうかなと思っています」と冗談っぽく話して笑いを誘った。

9月2日に公開されたドラマ「危機のX」は、希望退職、株暴落、住宅価格暴騰まで人生最悪の下落の危機に直面した“aジョシ”(アジョシ=おじさん)が、人生反転のために魂を賭けたコメディードラマ。退職後の人生第2幕を始めようとする中年男性の現実にぶつかる問題をコミカルに描き、多くの人に共感と笑いを届けた。

本作が初のOTTドラマとなったクォン・サンウは「つらいと思ったことが一度もなかったですね。活力にあふれる作品でした。多くの人が経験しそうな痛みを愉快に、だけど軽すぎないようにお見せできたと思います。癒しや同感できるドラマだったと思っています」と思いを語った。

劇中、“aジョシ“ユク・デウクを演じたクォン・サンウは、株や仮想資産の下落、住宅価格の暴騰、希望退職、脱毛、夫婦生活など結婚した中年男女が共感しそうな様々な素材をテーマにしたエピソードで、これまで見せてきたコメディー演技を集大成して魅力を放った。妻ミジン役の女優イム・セミとの呼吸はもちろん、MZ世代のスタートップ「ルシード」のスタッフたちとの現場でのケミストリーが笑いを誘う。


クォン・サンウは「この作品がお見せしなければならないポイントがあります。そういった部分をしっかり表現しなければダメだと思って、崩れることに対して負担やためらいはありませんでした。他の作品で他の姿で、かっこいい姿も十分にお見せできるという自信もあったからです。また見てくださる方もそういう私の崩れた姿を喜んでくださっているようです。書き込みなどフィードバックを見ながら感じています」と強調した。

自分をスターにのし上げ、成長させてくれたジャンルも「コメディー」なだけに、コメディーに対する深い愛情を示した。「コメディーを撮影する時が一番楽しくて、幸せです。文章に表現されていないことを現場で表現し、シナジー効果を発揮して結果として出た時、本当に満足するんです。注ぎこむ感じですね」と表現。

続けて「初めてヒットした作品が『同い年の家庭教師』ですが、これもコメディーでした。私を成長させてくれたのもコメディーだし、コメディーのセンスが誰よりもあると思っています。ぴったりの作品に出会い、さらに楽しく遊ぶ自信があります。ただ一つの姿よりは、いろんな姿をお見せしていきたいですね」と伝えた。

(2ページに続く)

2022.10.04

blank