映画「共助2」、ボックスオフィス1位奪還後二日間維持…累積観客数は517万人に


映画「共助2:インターナショナル」が、ボックスオフィス1位を奪還後、1位の座を守っている。

24日、映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークの集計によると、23日、「共助2:インターナショナル」は10万2594人を動員して、日別ボックスオフィス1位になった。

「共助2:インターナショナル」は21日、その日公開された「オオカミ狩り」に1位を奪われたが、22日から二日間再び1位を守っている。

「共助2:インターナショナル」は、グローバル犯罪組織を取るために再び会った北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)と、韓国の刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)、ここにニューフェース海外派FBIのジャック(ダニエル・ヘニー)まで、各々の目的で団結した刑事の予測不可能な共助捜査を描いたアクション映画。

現在までの累積観客数は、517万3567人だ。

関連記事

2022.09.24

blank