ユナ(少女時代)、ビューティーYouTuberに変身…ヒョンビンとビジュアルツーショット“5年ぶりにミニョンで”=「共助2」


韓国女性グループ「少女時代」のメンバー兼女優のユナが「共助2」撮影ビハインドを公開した。

22日、ユナのYouTubeチャンネル「Yoona’s So Wonderful Day」には「ユン-ハインド|登録といいねは愛です | 映画「共助2:インターナショナル」ビハインド」というタイトルの動画が投稿された。

公開された動画の中でユナは、「共助2」の初撮影に行くため、準備を始めた。ユナは「今日はビューティーYouTuberとして活動するシーンなので、ビューティーYouTuberに変身する過程を撮るためにセルフカメラをつけた。朝6時に起きて美容室に来た」とし、朝食にのり巻きを食べた。

スタッフが「俳優は本当に面白い。多くのことができるから」と話すとユナは、「そうだよ」といい、鏡の中の自分の顔に慣れない様子を見せた。また、ユナは「ビューティーYouTuberなのでネイルを準備した。後で撮影するときに使う」とさりげなく自慢したりもした。

ユナは「5年ぶりにミニョンに戻る予定。一度演じたキャラクターなので、気が楽でもあり、わくわくしたり緊張したりもする」と笑みを浮かべた。

その後、ポスター撮影現場に移動したユナは、フレンチコートを着用し、カメラを眺めながら様々なポーズを取った。ユナは「作家さんがすごく早く撮ってくれる。早く退勤できそう」とサングラスカット、手錠を持ってカットを撮り、撮影を10分で終えた。

製作報告会の日を迎えた。ユナは「ミニョン」で初めてのインタビューをよくこなし、スケジュールが終了し、すぐに移動した撮影現場でヒョンビンとツーショット、ヒョンビン、チンソンギュ、ユ・ヘジンと団体カットも撮影した。共助チームと共にする撮影場はいつも笑いが絶えなかった。

NEVER NOWムービートークに続き、「共助2」言論試写会に参加したユナは、「本格フラッシュとにらめっこする日。名節に会う家族のような感じで、嬉しい気持ちが大きく、とても楽しく撮影をした」と話し、VIP試写会に来てくれた所属事務所SMエンターテイメントの仲間にも感謝の気持ちを表わした。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.09.22

blank