≪韓国ドラマNOW≫「ビッグマウス」15話、イ・ジョンソクがキム・ジュホンへの一撃を準備=視聴率12.3%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

tvNドラマ「ビッグマウス」15話(視聴率12.3%)では、チャンホ(イ・ジョンソク)とドハ(キム・ジュホン)がお互いへの最後の一撃を準備しながら選挙運動の最後を駆け抜ける様子が描かれた。

自分の手で殺したカン会長(チョン・グクファン)の葬儀場で堂々と喪主を務めるドハは遺言状までねつ造してカン会長の持ち株を全て横取りし、NRフォーラムのトップの座に就いた。さらに国会議員出馬を放棄し、クチョン市長選挙に再挑戦しながらチャンホ&ミホ(ユナ(少女時代))夫婦に宣戦布告した。

ドハの企みによってスッカラカンになったジフン(ヤン・ギョンウォン)の支持に力を得たチャンホは「今回の選挙戦をドハの墓場にしてやる」と覚悟を決めた。ドハはこれまで市長として市民から熱烈に支持されているだけに、チャンホの市長への挑戦は困難が予想されていた。

しかしチャンホの支持率は上昇し、市長候補のビッグ3入りを果たしてテレビ討論出演のチャンスも手にした。ジフンの厚いサポートでドハの恥部もチャンホの手に入り、選挙戦はどんどん熱気が高まった。

ドハも過去にチャンホが敗訴した仮想資産詐欺事件を利用して物議を醸し、テレビ討論を放送する局のPDを買収して自分に有利な方向に進むよう手を使った。

そしてテレビ討論の現場に来たチャンホ。準備した資料を見ながら最後の一撃の準備を始めた。

WOW!Korea提供

2022.09.21

blank