ヒョンビン&ユ・ヘジン主演「共助2」、そうそうたる新作を抜きボックスオフィスの1位を奪還…ロングヒット続ける


グローバルに拡張されたストーリー、豊かなケミストリーと愉快な面白さ、圧倒的な見どころで熱い好評を呼んでいる映画「共助2:インターナショナル」がボックスオフィスで1位を奪還した。

「共助2:インターナショナル」はグローバル犯罪組織を捕まえるために再会した北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)と韓国の刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)、ここにニューフェイスの海外派FBIジャック(ダニエル・ヘニー)まで、各自の目的で集まった刑事立ちの予測不可能な三角協力捜査を描いた映画。爆発的な口コミ熱風と共に、老若男女の観客の心を魅了している映画「共助2:インターナショナル」が9月30日に6万2,896人を動員し、累積観客数583万8,905人を記録、ボックスオフィスの1位に上った。これは公開4週目にもかかわらず1位を奪還したことで、「共助2:インターナショナル」の強力な興行威力を立証している。

今秋の劇場街の必覧ムービーに登板した「共助2:インターナショナル」は、CGVゴールデンエッグ指数95%、ロッテシネマ観覧客評点9.3点、メガボックス実観覧評点9.1点をキープし、N次観覧(2回以上作品を観ること)のブームまでつないでいる。映画を観覧した観客たちは一瞬も見逃せない笑いと面白さ、歴代級のスケールの見どころ、強力なエネルギーのケミストリーに対する嵐のような好評を殺到させている。このように歴代級の興行ポテンシャルを爆発させ全体のボックスオフィスの1位を奪還した「共助2:インターナショナル」は、弾みをつけたヒットの勢いで劇場界の興行リレーを継続するだろう。

各自異なる目的を持ったキャラクターたちが作り出す“共助ケミストリー”にいっそう強力な笑いと痛快なアクションが加えられた「共助2:インターナショナル」は韓国全国の劇場で絶賛上映中。

WOW!Korea提供

2022.10.01

blank