チャン・ドンユン、“「オオカミ狩り」ソ・イングクが演じた極悪無道な犯罪者のような役もしてみたい”

チャン・ドンユンが扮したイ・ドイルというキャラクターは、犯罪とは程遠い無口な性格を持つ。狩人たちがいっぱいのタイタン号で安全に韓国に帰る方法だけ考える人物だ。チャン・ドンユンはミステリアスな雰囲気で劇をリードしせながら特別な存在感を発揮して反転の面白さを提供した。
この日、チャン・ドンユンは「初めて『オオカミ狩り』のシナリオを見たとき、『何だ?』と思った。果たしてどのように描こうかと、とても魅力的に感じた」と感嘆した。


そして彼は「『オオカミ狩り』のジャンル自体は十分に新しくて破格的だが、私が引き受けたキャラクターがこれまで見せた姿から大きく外れていたとは思わない。極悪無道な悪役ジョンドゥ(ソ・イングク)のようなキャラクターもやってみたい」と明らかにして注目を集めた。
また、チャン・ドンユンは「監督が私のことを模範的で静かなスタイルだと思っているようだ。でも、私はわざわざそんな役割だけを選んだのではない。変身の意図を持って選択するより、良い作品やキャラクターを誠実に演じるのが俳優の役割だと思う」と伝えた。

関連記事

2022.09.23

blank