チャン・ドンユン、“「オオカミ狩り」ソ・イングクが演じた極悪無道な犯罪者のような役もしてみたい”

映画「オオカミ狩り」の主役チャン・ドンユンが、悪役演技に対する思いを語って演技への情熱を見せた。
チャン・ドンユンは23日午前、ソウル市鍾路区(チョンノグ)の八版洞(パルパンドン)のカフェででインタビューを行った。21日に公開された新作「オオカミ狩り」の作品と関連した話を聞かせた。


「オオカミ狩り」はハードボイルドサバイバルアクショ映画だ。極悪無道な犯罪者たちを太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残虐な反乱が始まり、これまで見ることができなかった極限の生存ゲームを繰り広げる
チャン・ドンユンがイ・ドイル役を引き受け、これまで見たことがない強烈な顔を見せた。ドラマ 。ドラマ「恋するレモネード」「詩を忘れたあなたに」「ミスター・シャンシャイン」「恋のステップ~キミと見つめた青い海」「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」など、これまで出演した作品とは異なる魅力を爆発させた。

(2ページに続く)

関連記事

2022.09.23

blank