ソ・イングク&チャン・ドンユン出演「オオカミ狩り」、公開初日にボックスオフィス1位…圧倒的な人気

映画「オオカミ狩り」が、公開初日にボックスオフィスで1位を占めた。

22日、配給会社TCO(株) ザ・コンテンツオンによると、今月21日公開された「オオカミ狩り」が 公開初日に7万8996人を記録(映画振興委員会の統合電算網基準)し、ボックスオフィスで1位を占めた。

これと共に、現在上映中の映画の中で唯一10%台の座席販売率を記録し、秋の劇場に観客を呼び集めている。

「オオカミ狩り」の公開初日ボックスオフィス1位という興行記録は、秋夕(韓国のお盆)に爆発的な興行推移を見せた「共助2:インターナショナル」と興行バトンタッチしながら韓国映画の着実な興行リレーを期待させる。

一方 「オオカミ狩り」は、極悪無道な犯罪者をフィリピンのマニラから韓国まで移送しなければならないという状況の中、これまで見たことのない極限状況に直面するというハードボイルドサバイバルアクション映画で、現在絶賛上映中だ。

2022.09.22

blank