ソ・イングクら出演で話題!映画「オオカミ狩り」ヒョンビンら出演の「共助2:インターナショナル」抑えて公開初日、興行ランキング1位=青信号

韓国映画振興委員会の集計によると、キム・ホンソン監督の韓国映画「オオカミ狩り」(原題、以下同)が2抑えて公開初日に興行ランキング1位を記録した。

「オオカミ狩り」の21日の観客数は約7万8000人と、全体の37.6%を占めた。

同作品は東南アジアに逃亡した国際手配者を韓国に送還する護送船の中で繰り広げられる物語を描いたサバイバルアクション。「共謀者」「技術者たち」のキム・ホンソン監督がメガホンを取り、ソ・イングク、チャン・ドンユン、ソン・ドンイル、チョン・ソミンらが出演した。

2位は韓国映画「共助2:インターナショナル」だった。7日の封切り後、トップを走ってきたが、21日の観客数は約7万7000人(36.2%)で、「オオカミ狩り」にわずかに及ばなかった。

俳優ヒョンビンとユ・ヘジンが主演したこの作品は「コンフィデンシャル 共助」(2017年)の続編。累計観客数は22日午前に500万人を突破した。今年500万人を超えた韓国映画は、クライムアクション「犯罪都市2」と時代劇アクション「閑山:龍の出現」に次いで3作目となる。

関連記事

2022.09.22

blank