映画「オオカミ狩り」、海外の観客も注目…台湾・北米・オーストラリア同時期封切り


見たことのない強烈さで劇場街を魅了している映画「オオカミ狩り」が、台湾および北米、オーストラリアまで順次公開を確定した。

これで、K-サバイバルの新しい代表作誕生をグローバル観客も一緒に見ることができるようになった。 30日封切りを確定した台湾を皮切りに、北米では10月7日封切りを控えている。

台湾の現地配給を引き受けた会社はMovie cloudで「新感染ファイナル・エクスプレス」、「密偵」など多数の韓国興行作を公開し、北米配給は「閑山:龍の出現」、「新感染 ファイナル・エクスプレス」など多数の韓国映画を輸入、配給した会社であるWELL GO USAが引き受けた。 続いてオーストラリアとニュージーランドでも10月13日封切りを確定し、オーストラリアのUMBRELLA ENTERTAINMENT社が現地配給を引き受けた。 UMBRELLA ENTERTAINMENT社は「HUNT」、「82年生まれ、キム・ジヨン」等のオーストラリア内の劇場配給を担当していた会社で、韓国映画としては映画「オオカミ狩り」が初めての単独配給だ。 「オオカミ狩り」の海外配給を受け持っているファインカットは「米国、オーストラリアなど英米圏会社が全て急な日程にも対応し劇場公開を準備するなど、『オオカミ狩り』の商業性が認められている」と伝えた。

公開前から海外有数の映画祭に公式招待され、日本、スペイン、台湾、タイ、ロシア、インドなど43カ国で先行販売された映画「オオカミ狩り」。 韓国公開日である21日とほぼ同時期にグローバル観客との出会いを控えており、Netflixオリジナルシリーズ「イカゲーム」を継ぐ新しいグローバル大勢作への興行疾走を期待させる。

一方、映画「オオカミ狩り」は、最強のサバイバルゲームで、韓国内では話題の中心にある。 「本当に未成年不可映画のラスボスだ」、「典型的にすべてを無惨に壊す」、「韓国映画史上、このようにハードボイルドなジャンルを見たことがない」、「極限の生存ゲーム」等、韓国映画史上最も強烈で、未成年不可映画に絶賛を送っており、観客に新しい未成年不可代表映画として口コミで広がっている。

「オオカミ狩り」は、極悪非道な犯罪者たちを太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残酷な反乱が始まり、今まで見られなかった極限の生存ゲームが繰り広げられるハードボイルドサバイバルアクション映画。

韓国の観客と共に全世界の劇場街で観客の心をつかむことを予告した歴代級の未成年不可アクション映画「オオカミ狩り」は現在、韓国で絶賛上映中だ。

2022.09.23

blank