「公式」ソ・イングク主演「オオカミ狩り」、韓国公開を前に全体の前売り率1位に

映画「オオカミ狩り」が全体の前売り率で1位を記録した。
19日、韓国映画振興委員会の映画館入場券統合電算網の集計によると、同日午前8時10分頃基準で「オオカミ狩り」がリアルタイム前売り率25.1%を示した。前売り観客数は3万4,283人だ。


これは、秋夕(旧盆)に破竹の勢いを見せた「共助2:インターナショナル」を抑えて全体前売り率1位を記録して大きな意味を与えた。
「オオカミ狩り」は、最近開催された「第47回トロント国際映画祭」でワールドプレミアを大成功で終え、「この映画は狂ってる」「アドレナリンを暴走させる映画」「火山のような速度でスクリーンに噴出される」などの爆発的な好評と共にグローバル話題作として登場した。
海外で既に爆発した反応に続く全体前売り率1位で韓国の観客の熱い期待も証明し、今秋の新たなダークホース誕生を予告している。


特に2022年は「犯罪都市2」などのアクション映画が主に人気を得ただけに、「オオカミ狩り」が強烈な青少年観覧不可アクションで再び爽やかな熱気を呼び集めることができるかに関心を集められている。
「オオカミ狩り」は、極悪無道な犯罪者を太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残虐な反乱が始まり、これまで見ることができなかった極限の生存ゲームが繰り広げられるというハードボイルドサバイバルアクション映画で、韓国で21日に公開予定だ。

関連記事

2022.09.19

blank