ソ・イングク主演「オオカミ狩」、本日(21日)公開…新しい青少年観覧不可アクション

映画「オオカミ狩り」が全体前売り率1位を果たして今日(21日)公開し、今秋の映画界に突風を予告した。
21日、映画振興委員会の映画館入場券統合電算網の集計によると、同日午前基準で「オオカミ狩り」はリアルタイムの前売り率25.1%を記録中だ。前売り観客数は5万4,559人だ。


こうして「オオカミ狩り」は全体前売り率1位に登って快調なスタートを切った。青少年観覧不可映画の記録を新たに作る期待作であることを証明して関心を集めている。
「オオカミ狩り」は、ハードボイルドサバイバルアクション映画だ。極悪無道な犯罪者たちを太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残虐な反乱が始まり、これまで見ることができなかった極限の生存ゲームを繰り広げる。「共謀者」「技術者たち」「メタモルフォーゼ/変身」を通じてジャンル映画のマスターとして認められたキム・ホンソン監督がメガホンを取った。


特に「オオカミ狩り」は、最近行われた「第47回トロント国際映画祭」に公式に招待され、かつて海外有数の映画祭と外信から「アドレナリンが湧き出る激しいジェットコースターのような映画」「韓国ジャンル映画の新しいシーンを開いた」などの爆発的な絶賛を導いた。これまで見たことのない歴代級の破格的で強烈な見どころで、19日に韓国内のメディア配給試写会でも好評があふれて熱気をさらに増している。

関連記事

2022.09.21

blank