ソ・イングク主演「オオカミ狩り」、韓国公開を明日に控えて全体前売り率1位…歴代級の未成年観覧不可映画の登場

俳優兼歌手ソ・イングクが主演した映画「オオカミ狩り」が、韓国公開前日に全体前売り率1位を記録した。
「オオカミ狩り」は、極悪無道な犯罪者たちを太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残虐な反乱が始まり、これまで見ることができなかった極限の生存ゲームが繰り広げられるハードボイルドサバイバルアクション映画だ。


「オオカミ狩り」が映画振興委員会の統合電算網リアルタイム前売り率基準で、全体前売り率1位にランクした。久しぶりの歴代級未成年観覧不可映画の登場に韓国の観客も熱い関心を送っている。これは、最近興行で強みを見せた「共助2:インターナショナル」と海外映画の期待作「アバター:ジェームス・キャメロン3Dリマスター」の両方を抑えた記録だ。


「オオカミ狩り」はワールドプレミア以降、海外メディアから「この映画は狂ってる」「アドレナリンを暴走させる映画」「火山のような速度でスクリーンに噴出される」など熱い好評がなされ、グローバルな話題作として登場した。続く19日に行われた韓国メディアプレミア以降も「これまで見ることができなかった、見たことのない極限の野獣のような映画」「すべての概念を無残にぶち壊す」「歴代級の未成年観覧不可アクション」「史上最高レベルのサバイバルアクション映画の誕生」など爆発的な好評が続き、今回の前売り率1位という記録が大ヒットにつながることを期待させている。
最も強烈で最も若い未成年観覧不可アクションで、今秋韓国の観客を魅了する新しいダークホース映画「オオカミ狩り」は、21日に公開予定だ。

関連記事

2022.09.20

blank