映画「オオカミ狩り」のソ・イングク&チャン・ドンユン&チョン・ソミン&キム・ホンソン監督、トロント国際映画祭に参加


「第47回トロント国際映画祭」ミッドナイト・マッドネス部門に招待された韓国映画「オオカミ狩り」が15日、「Class of 2022」の写真撮影を進行した。

映画「オオカミ狩り」は、極悪非道な犯罪者を太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残酷な反乱が始まって、今まで見ることができなかった極限の生存ゲームが繰り広げられるハードボイルドサバイバルアクション。

キム・ホンソン監督とソ・イングク、チャン・ドンユン、チョン・ソミンなど、「オオカミ狩り」の主役たちがトロント入りした中、トロント国際映画祭の最初の公式日程で、15日午後3時(現地時間)「Class of 2022」の公式写真撮影に参加した。

16日、「第47回トロント国際映画祭」ミッドナイト・マッドネス部門ワールドプレミアで全世界に初公開された「オオカミ狩り」は、「Class of 2022」に撮影でハードボイルドサバイバルアクションだけの熱い熱気を吹き入れた。

この日キム・ホンソン監督とソ・イングク、チャンドングユン、チョン・ソミンは余裕のあるマナーと明るい笑顔で「オオカミ狩り」の代表の顔を表現した。

何より「オオカミ狩り」は、9日にメディアと海外配給関係者を対象で進行した事前試写会から好評が絶えなかった。 今回、公式写真撮影の前に進行された外信の積極的なインタビュー要請が、「オオカミ狩り」に向かった現地の熱い関心を想像させる。



映画「オオカミ狩り」は、現地時間で16日午後23時59分午前0時に合わせてワールドプレミア上映された。 事前試写以後、「真夜中に見るのを勧める。 最高の経験になること」、「ミッドナイト・マッドネスの観客は、必ずこの映画を愛するだろう」など、爆発的なリアクションが出たほど今回のワールドプレミア以後にも現地でより一層熱い反応が出ると期待される。

このようにグローバル存在感を立証している「オオカミ狩り」は、トロント国際映画祭以外にも、フランスのエトランジュ・フェスティバル、アメリカのファンタスティック・フェスト、スペインのシッチェス-カタロニア国際ファンタスティック映画祭に続き、アメリカのビヨンド・フェストに招かれた。

ビヨンドフェストのプログラム委員長Evrim Ersoyは、「『オオカミ狩り』は、革新的ながらも刺激的なジャンルの組み合わせである。まるでスリル感あふれるアトラクションに乗るような気分」と、招待した理由を伝えた。

「オオカミ狩り」の韓国公開日は、9月21日。

関連記事

2022.09.17

blank