ソ・イングク主演「オオカミ狩り」、鑑賞ポイント3…ハードボイルドアクション&強烈なキャラクター&船という限定された空間

ハードボイルドサバイバルアクションで好評を博している映画「オオカミ狩り」が鑑賞のポイントを公開した。

これまで見たことのない極端なサバイバル!ハードボイルドアクション!
映画「オオカミ狩り」が、見たことのない強烈な青少年観覧禁止アクションで韓国観客の間でくちこみが広がっている。その中でも最初のくちこみポイントは、まさにハードボイルドアクションだ。演出を引き受けたキム・ホンソン監督は特に、映画の中のすべてのアクションが「死ぬか、殺すか」だというひとつのテーマを貫くアクションであるため、何よりリアルなアクションであることを望んだ。「ハイパーリアリティアクション」を盛り込もうと努力した映画「オオカミ狩り」らしく、ソ・イングクは「獣と同じ動きを見せようとした。特に事前の打ち合わせは最小化し、アドリブのリアクションが出るように努力した」と映画の中のリアルなアクションの誕生ビハインドを伝えた。このような映画「オオカミ狩り」だけのリアルなハードボイルドアクションは、観客にも「狂った青少年観覧不可アクションだ」「ほんとの強心臓映画」などと絶賛され、今後のくちこみによる興行がさらに注目されている。

最強の個性!強烈なキャラクターたちの誕生!
2番目のくちこみポイントはまさに強烈なキャラクターだ。予告編から全身タトゥーで話題を集めたジョンドゥ(ソ・イングク)というキャラクターや、映画の隠れキャラクターであるアルファ(チェ・グィファ)まで「オオカミ狩り」の強烈さをそっくり盛り込んだキャラクターが話題を集めている。ジョンドゥは映画の中で犯罪者たちの反乱を主導するキャラクターで、中盤部まで映画の中心を引っ張っていく人物だ。ソ・イングクは「まるでオオカミの群れの親玉のように見せようと努力した。存在だけで重量感を与えることができるように体重を増量した。これに全身タトゥーを加えてじっと立っていても特別な存在感が感じられるようにした」として、ジョンドゥというキャラクターを外見からも完成させるために取り組んだ努力を伝えた。この他にもチャン・ドンユンが演じたドイルというキャラクター、チョン・ソミンが演じたダヨンというキャラクターなども、俳優たちの激しい悩みの末に彼らなりの最強の個性を表現したことで、キャラクターの爆発的なケミストリーが絶賛されている。

実際の船舶をそのまま移動させた!限られた空間で繰り広げられるサバイバルゲーム!
映画「オオカミ狩り」の最後のくちこみポイントは、まさに限られた空間で繰り広げられる極限の生存ゲームだという点だ。映画「オオカミ狩り」は、太平洋を横切って残酷な犯罪者を運ぶフロンティアタイタン号で起こる話だ。キム・ホンソン監督は、映画の背景となる船舶をよりリアルに表現するために、実際の船を2隻活用し、映画の背景を鮮やかに具現化した。チョン・ソミンが「映画を通じて見ると、どのシーンがセットで、どのシーンが実際の船だったのか混乱するほどにセットがリアルだった」とし、現場の熱演を助けてくれたセットについて語った。また、お互いを殺さなければ生き残れない極限のサバイバルが船の中で繰り広げられ、ランニングタイムを通じて観客を映画の中に引きこんだ。観客は「本当の極限サバイバルというのはこれだ」「緊張感が普通じゃない」「我が国からこれほどまでに強烈な映画が出たことがあったか」などの熱い反応を送るなど、新しいK-サバイバルの誕生を知らせている。

一方、映画「オオカミ狩り」は、極悪無道な犯罪者を太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残虐な反乱が始まり、これまで見ることができなかった極限の生存ゲームが繰り広げられるハードボイルドサバイバルアクションで、韓国で絶賛上映中だ。

2022.09.28

blank