ソ・イングク「オオカミ狩り」、公開初週に公開作品中ボックスオフィス1位に

「クレイジーな青少年観覧不可映画」という評価で映画ファンをひきつけている映画「オオカミ狩り」が、映画振興委員会統合電算網基準で開封初週公開作中でボックスオフィス1位を記録した。
このような「オオカミ狩り」の疾走は、興行という面で相対的に不利だと言われる青少年観覧不可等級にもかかわらず、映画館に活気を与えているという点で興味深い。また、「共助2:インターナショナル」と一緒に着実に人気を見せ、秋の映画館も韓国映画の強勢を予告している。特に韓国の観客は「クレイジーな趣向を狙い撃ちする映画だ」「ほんとに強心臓のための映画」「青少年観覧不可アクションの最高峰」など、見たことのないハードボイルドサバイバルアクションという点を高く評価し、口コミで映画「オオカミ狩り」の熱い人気もまた持続すると期待されている。


映画「オオカミ狩り」は、究極のサバイバルゲームで、グローバル映画界で先に注目された作品だ。「第47回トロント国際映画祭」のワールドプレミアで上映され、「火山のような速度でスクリーンに噴出される」「アドレナリンを暴走させる」「クレイジーで面白い」「ミッドナイトに似合う映画」などと絶賛され、グローバルな話題作に登ったことがある。その後も映画評論家サイト「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」でも鮮度指数100%を記録するなど、歴代級の強烈さが絶賛されていることから、新しいK-サバイバルの代表作として全世界の映画界の注目を集めている。


映画「オオカミ狩り」は、極悪無道な犯罪者を太平洋から韓国まで移送する海上の巨大な動く刑務所内で残虐な反乱が始まり、これまで見ることができなかった極限の生存ゲームが繰り広げられるハードボイルドサバイバルアクションだ。
公開2週目でも熱い人気を続ける映画「オオカミ狩り」は、韓国で絶賛上映中だ。

2022.09.26

blank