「個別インタビュー」“K-POPのダークホース”KARD、男女混成グループの魅力とは?「いろんな組み合わせでできるし、家族のような雰囲気で楽しいです」

左からBMソミンジウJ.seph(ジェイセフ)

“K-POPのダークホース”と話題の男女混成ダンスグループKARD(カード)。KARAの所属事務所DSPメディアから輩出された新人グループで、男性メンバーのBMとJ.seph(ジェイセフ)、女性メンバーのソミンとジウによる多才な4人で構成されている。

正式デビュー前の2016年12月、“3段階デビュープロジェクト”を始動し、「Oh NaNa」「Don't Recall」「RUMOR」と発表していったシングルが世界中で注目を集め、正式デビュー前にもかかわらず、2017年5月から初の海外ツアー「2017 WILD KARD TOUR」をスタート! 先に欧米でブレイクし、満を持して7月19日、韓国で1stミニアルバム「Hola Hola」で正式デビューを果たした、いわば“逆輸入チーム”だ。



デビューミニアルバムの同名リード曲「Hola Hola」は、スペイン語で「こんにちは」という意味と、韓国語の発音では「オルラ オルラ(上がる)」で、「さらに高い所に上がっていこう」という意味が込められている。熱い太陽と青くて清涼な海を連想させる、トロピカル・ハウス・ジャンルのEDMメロディをのせて、まるでガラガラの高速道路を疾走するような爽快さを感じられる、夏にぴったりのナンバーだ。
そんなデビュー曲を引っさげ、グルーヴ感あふれるパフォーマンスで、独特の存在感を示したKARDが、ついに日本初上陸! 8月19日に夏フェス「SUMMER SONIC 2017」に出演、その2日前にはサマソニ・エクストラとして初のショーケースを開催し、ファンを熱狂させた4人がインタビュー初登場で、グループの魅力について語ってくれた。

(2ページにつづく)

2017.08.24

blank