キム・ナムギルVSイ・ジュンギVSソ・ヒョンジンVSナムグン・ミン、「2022 SBS演技大賞」トロフィーは霧の中


“これまで以上に豊作だ” “それほど予測も難しい” 「2022 SBS演技大賞」の大賞候補陣をめぐって言う言葉だ。

「2022 SBS演技大賞」がいつのまにか1か月後に迫った。 「ペントハウス」シリーズを率いた俳優キム・ソヨンの演技大賞受賞が確定的だった2021年とは異なり、2022年のSBSドラマは視聴率と話題性の側面でそれぞれ安定的な成果を収めた。 それだけ1つの作品、1人の俳優を選ぶのが難しいという意味でもある。

上半期を輝かせた俳優は金土ドラマ「悪の心を読む者たち」のキム・ナムギルと「アゲイン・マイ・ライフ」のイ・ジュンギだった。 これらの作品は俳優らの好演の中でジャンル物マニアたちの支持を引き出すのに成功した。

月火ドラマ「社内お見合い」は俳優キム・セジョン、アン・ヒョソプの斬新な演技力がお茶の間劇場の選択を受け、金土ドラマ「なぜオ・スジェなのか」は女優ソ・ヒョンジンが「なぜお茶の間劇場ワントップ女優なのか」を証明した。 これらの作品は共通して2桁の視聴率を達成し、大賞候補を輩出するのに遜色のない資格を備えている。

下半期のドラマの中では3年連続大賞受賞を狙うナムグン・ミンの「わずか1000ウォンの弁護士」が大きな注目を集めた。 後半の浮き沈みは物足りなさを残したが、「さすがナムグン・ミン」という評価を受けるには十分な作品だった。

ここに年末に初めて披露された金土ドラマ「ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム」も好評の中で出発し、主演俳優キム・レウォンは無難に大賞候補に名前を載せるものと見られる。

このようにキム・ナムギル、イ・ジュンギ、キム・セジョン、アン・ヒョソプ、ソ・ヒョンジン、ナムグン・ミン、キム・レウォンなど誰一人不足のない大賞候補が並んでいる「2022 SBS演技大賞」 トロフィーの持ち主はまさに霧の中だ。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.11.25

blank