故ク・ハラさん、本日(24日)死去から3年…「KARA」完全体カムバック”空から見守って”


本日11月24日、故ク・ハラさんの死去から3年。2019年11月24日、ク・ハラさんはソウル・チョンダムドン(清潭洞)の自宅で亡くなったまま発見された。警察の捜査によると、犯罪の疑いはないことが分かった。享年28歳。

ク・ハラさんは「KARA」として愛されるメンバーだった。世界中の人気を享受したアイドルだったため、悲しみは世界中に広まり、大きくなった。「KARA」のメンバーたちは毎年ク・ハラさんを追悼して懐かしむコメント残している。

ク・ハラさんのSNSには依然としてファンたちの応援メッセージと懐かしむメッセージがいっぱいだ。 特に「KARA」が、久しぶりにデビュー15周年を記念して完全体でカムバックを控えており、さらに注目を集めている。

「KARA」は29日に開かれる「2022 MAMA AWARDS」に出演し、完全体で舞台を飾る。 ギュリ、スンヨン、ニコル、知英(ジヨン)、ヨンジまで「KARA」で活動していた全てのメンバーが集まって、完全体で出演する。

「KARA」はデビュー15周年記念アルバム「MOVE AGAIN」を発売し、日本でも活動する予定だ。「KARA」のカムバックがク・ハラさんの三周忌に近づいて懐かしさが倍増した。

知英は最近、ク・ハラさんの9年前の投稿に「お姉さん、今日に限ってすごく会いたい。私…うまくやっているのかは分からないけど、一生懸命素敵な大人になろうと努力中だよ」とコメントを残した。

ク・ハラさんが「KARA」のカムバックを空から見守って、笑顔になってほしいとファンの追悼の波が続いている。

WOW!Korea提供

2022.11.24

blank