≪韓国ドラマNOW≫「シスターズ」8話、チュ・ジャヒョンが生きていると確信するキム・ゴウン=視聴率8.7%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

tvNドラマ「シスターズ」8話(視聴率8.7%)では、ファヨン(チュ・ジャヒョン)が生きていると確信するインジュ(キム・ゴウン)の様子が描かれた。

インジュとドイル(ウィ・ハジュン)はファヨンがSNSに掲載したシンガポールのカフェを訪れ、「この人を知っているか」と聞いた。カフェの店員は「冗談でしょ?この人でしょう」とインジュを指しながら「昨日もここに来てコーヒーを飲んでいた。その前も、その前の前も」と答えた。また「どこか少し違った。もしかして双子?」と言って笑った。ドイルは「ありえない」と言うと、インジュも「私とそっくりな人がこの世にいるなんて」と言った。インジュは何か気づいたように「ファヨンさんが整形手術をしているって言ってたでしょう」と言ったが、ドイルは「それは不可能だと思うけど」と笑った。

インジュはオークション会場でも周囲の注目の眼差しを感じた。インジュは電話応札者と競った末、“泥棒姫”を落札した。その後、自分とそっくりな人が会場に現れたと聞いてパニックになったインジュに、スタッフが来て「電話応札した人がメッセージを伝えてほしいそうだ」とメッセージを読んだ。メッセージはウォン代表(イ・ミヌ)が話していたファヨンの話と同じだった。インジュは「ファヨン姉さんだ」と言った。

WOW!Korea提供

2022.09.26

blank