≪韓国ドラマNOW≫「シスターズ」6話、ウィ・ハジュンがキム・ゴウンを心配する=視聴率8.3%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

tvNドラマ「シスターズ」6話(視聴率8.3%)では、謎の情蘭会に近づいたインジュ(キム・ゴウン)とインギョン(ナム・ジヒョン)の様子が描かれた。

ファヨン(チュ・ジャヒョン)の死がジェサン(オム・ギジュン)と関連していると思ったインジュは、ファヨンの自宅に向かった。あの家に行ったら、誰が最初に駆けつけるのか確認したかったのだった。現場に姿を現したのはスイム(パク・ボギョン)だった。このような突発的な行動はドイル(ウィ・ハジュン)も揺るがした。ドイルはインジュに疑われていると気づいた。インジュとしては金のために彼女も犠牲にさせるといううわさを聞いた以上、どうしようもない状況だった。それを聞いたドイルは噂の彼女が身元を綺麗にしてくれた最初のクライアントだという意外な真実を明らかにした。

インジュはジェサンに対する疑いが大きくなった。ジェサンはインギョンが暴露した実父の不動産疑惑が事実だと認めると同時に、それらすべてが借名財産だったと正面突破に出ると、支持率を急上昇させた。一方、これによってインギョンは混乱し、ヘソク(キム・ミスク)はインギョンを制止しようと呼び寄せた。イネ(パク・ジフ)の手術費用の事件以降、ヘソクの会社は段々と事情が厳しくなっていった。ジェサンの力が働いたからだった。しかしインギョンは、イルボクの登記簿謄本をヘソクの会社で見つけ出したとして“あの人たち”について追究した。ヘソクは自分の会社をつぶすことも、三姉妹を消すこともできる人だとし、「一番低い所から一番高い所までどこにでもいる人たちだ」と答えるだけだった。

そんな中、サンア(オム・ジウォン)がインジュにシンガポールで開かれる世界蘭大会に行くよう頼み、青い蘭まで出したサンアはシンガポールでのことがうまく行ったら、情蘭会と共にできると告げた。インジュが蘭を受け取ったのを見たドイルは心配そうにした。インジュは危険の恐れがあるというドイルの手助けを断った。

WOW!Korea提供

2022.09.21

blank