「バラコラ」K-POPアイドルたちの絵の実力は?「アイドル写生大会」初回は「OH MY GIRL」ミミ&スンヒ&ユビンが登場!


9月20日(火)に「アイドル写生大会」(SBS FiL、SBS M)という新番組がスタートした。

番組名からなんとなく想像できる通り、アイドルたちが絵を描く番組。といっても、ただ勝手気ままに描くのではなく、各組ごとにテーマがあり、ギャラリーKのメンターとコラボをしながら一つの作品を完成させ、最終的にはそれを展示・寄付するというもの。いわゆる“才能寄付”プロジェクトというわけだ。


アイドルのアートバラエティは韓国初となるようで、そんなチャレンジングな番組に出演するのは4組のアイドルたち。「OH MY GIRL」(ミミ、スンヒ、ユビン)、「DKZ」、「fromis_9」(イ・セロム、イ・ナギョン、ソン・ハヨン、ノ・ジソン)、そして“CUBEファミリー”から「BTOB」ウングァン、「PENTAGON」のキノ&ウソク、「LIGHTSUM」のナヨン&ユジョンだ。そのため、全4話制作となっている。

初回放送に登場したのは「OH MY GIRL」。メンバー6人のうち、ミミ、スンヒ、ユビンの3人が登場した。中でも、ミミはここ最近、ナ・ヨンソクPDのバラエティ「ピョンピョン地球娯楽室」(tvN)、アイドルラッパーサバイバル「2番目の世界」(JTBC)に出演するなど勢いに乗っているが、ここでも顔を見せ、クリエイティブな才能を存分に見せている。

スタッフとの事前打ち合わせで、絵についての実力を問われた3人。絵の上手さランキングをつけるなら、1位は絵が得意なミミ、2位はスンヒ、3位は絵に自信がないというユビンだと明かしていた。

そして、絵の実力テストとして、お互いの顔を描き合った。ユビンが描いたスンヒは口元なども細かく再現し、シンクロ率200%。スンヒが描いたユビンは、“ヴァンパイア”コンセプトを完璧に表現した「Twilight」のときのもので、このご時世に合わせ、マスクを着けるというセンスも。また、ミミが描いたユビンは、彼女の愛らしさがそのまま表現されていた。絵にメンバー愛が感じられ、仲の良い「OH MY GIRL」らしさが良く出ていた。


さらに、漢江で写生の練習も。バラエティ色の強いミミとスンヒが笑いどころもしっかり作り、3人がわちゃわちゃと楽しそうに絵を描く姿が微笑ましかった。

(2ページに続く)

関連記事

2022.09.25

blank