≪韓国ドラマOST≫「恋慕」、ベスト名曲 「IF」=歌詞・解説・アイドル歌手

Youtube動画:「恋慕」OST「IF」

<「恋慕」OST(サントラ)、今日の1曲>

今回から「恋慕」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「先輩、その口紅塗らないで」のロウン(SF9)と、「ブラームスが好きですか?」、「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のヒロインのパク・ウンビンがタッグを組んだ作品。
王位継承者だった皇子が双子で生まれるも、双子が不吉だとされ女児は命の危機に。かろうじて命を救われた女児は、宮殿の外で育つ。しかし下女として宮殿に戻ってきたタミ。そしてそこで少年ジウンと出会う。王として生きることを強いられたタミの数奇な人生が始まっていく。

今日の1曲は、ペク・チヨンが歌う「IF」。

<歌詞の解説>

「IF I IF I 愛なら 私はどうしたらいい
待つことを後悔しても やっぱりあなたじゃなきゃダメだから
あの遠くの雲の後ろに隠れても この心に夜が来たら IF I IF I IF I IF I IF I」
歌詞の最初では、自分の気持ちに気づいたフィ(タミ)が戸惑う様子が表現されている。

※サビ「あの月の光が私を照らしたら この気持ちをわかってくれますか
あの月の光が私を泣かせたら あなたは私のもとへ 来てくれますか
どうしてわかってくれないの IF I IF I IF I」
「この全てが 本当の愛なら」
サビでは、自分の気持ちを誰かに分かってほしいという苦しみが伝わる。

「違う これは私じゃない あなたはわからないだろうけれど
必死に気持ちを隠しても また悲しい夜が訪れたら IF I IF I IF I IF I IF I」
ジウンを想う自分の気持ちを認められないもどかしさが表現されている。

※サビのリピート
「私が自分を捨てたら 私たちは愛し合えるのかな」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「あの風に吹かれたら この気持ちが聞こえますか
あの雨のように 涙を流せば あなたが抱きしめてくれますか
どうしてわかってくれないの IF I IF I IF I この全てが本当の愛なら」
ペク・チヨンの迫力がありながらも繊細な歌声で、時代劇の切ないラブストーリーを盛り上げる。

歌手ペク・チヨンは、1976年生まれ。1999年にデビューした女性ソロシンガー。バラードの女王と呼ばれOSTにも多く参加している。私生活では9歳年下の俳優チョン・ソグォンと2013年に結婚し、2017年に娘を出産している。これまで「シークレットガーデン」、「アイリス」、「王女の男」、「屋根部屋のプリンス」、「アラン使道伝」、「恋慕」など現代ドラマや時代劇を問わず幅広いドラマのOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「この2人のカップルは最強」
「パク・ウンビン時代劇似合う」
「ペク・チヨンの歌がピッタリ」
「時代劇にペク・チヨンが豪華」
「OSTいい曲が多すぎる」

「恋慕」ではロウンと、パク・ウンビンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.09.24

blank