≪韓国ドラマREVIEW≫「明日」5話あらすじと撮影秘話…事務所に戻ってぐったり倒れ込む3人、演技の相談を=撮影裏話・あらすじ(動画あり)


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Youtube動画:「明日」メイキング

今回は、クリョン、リュング、ジュヌンが事務所に帰ってきたシーンから。
疲れすぎて机に倒れ込むリュング。撮影の合間に「退勤…帰りたいな」と笑うロウンに、キム・ヒソンも「私も」という。事務所に帰ってきてクタクタな様子をどう表現するか話し合う3人。「洗濯物がふにゃっとしてるみたいに…」とロウン。いろいろとアイディアを出し合い、台本片手にリハーサルを。
3人が同じタイミングで机に倒れ込む。「働こう…」というクリョン。ジュヌンは次の自殺予定者について話すが、「まだ確認するには早いぃ…」とクリョン。撮影直前まで疲れた様子をどうやって表現するか3人で話しあう様子がわかる。そして撮影スタート。「明日の仕事どうしよう…」と言いながらジュヌンが倒れ込むとカットがかかる。満足そうなロウンだが、次はユン・ジオンのシーン。スーツを着て疲れ切った演技をつづける。


 

●韓国ネットユーザーの反応●

「キム・ヒソンの年齢を忘れてしまう」
「ロウンの演技かわいい」
「疲れた演技がオーバーだけどちょうどいい」
「キム・ヒソンの演技力高い」
「3人で相談してる場面面白い」

●あらすじ●

MBCドラマ「明日」5話(視聴率3.5%)は、妻を失って絶望しているウジン(カン・スンユン(WINNER))を助けるための危機管理チームのリョン(キム・ヒソン)、ジュヌン(ロウン(SF9))、リュング(ユン・ジオン)の活躍が描かれた。

リョンはウジンの痛みを見るため、精神科医に扮装してウジンに会ったが、ウジンは口を固く閉ざしたまま目をつぶるだけだった。ウジンは妻ナヨン(イ・ノア)からプロポーズされた瞬間と自分の代わりにナヨンが運転をして起きた事故当日を思い出しながら苦しんだ。さらにウジンは「僕が殺した。ナヨンは僕が殺したんだ」と絶叫した。

深刻性を感じたリョンは”自分だけがウジンを助けられる”と、引導管理チームから逃走したナヨンの魂と会った。ナヨンが明かしたウジンの過去は衝撃的なものだった。ウジンが生まれた日に亡くなった母親、自ら命を絶った父親、そしてウジンを息子のように育てていた叔父一家まで交通事故で亡くしたのだった。全ての死が自分のせいだと責めていたウジンは、自殺をしようとした瞬間にラジオから流れてきた歌「2つの光」を聴いて号泣した。

その後、リョンはチーム員と散らばってウジンを捜していると、階段の縁に立っているウジンを見つけてすぐに呼び止めた。そしてダンプがセンターラインを越え、ナヨンがウジンを助けようとハンドルを切ったことが分かった。それを知ったウジンはショックを受け、落ちてしまった。その時、ウジンをつかんで手すりにしがみついたリョンは、能力制御リングを着用しているにもかかわらず、能力を発揮してウジンとナヨンの魂を会わせた。ウジンとナヨンは生死を越えた愛を約束した。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.09.19

blank