「公式」ソ・イングク&チョン・ソミンら、「オオカミ狩り」ワールドプレミア上映前にトロント出発…“学びと成長の機会、栄光”

映画「オオカミ狩り」チームが、「第47回トロント国際映画祭」ワールドプレミアおよび公式日程消化のために本日(12日)午前出国した。
「オオカミ狩り」は、極悪無道な犯罪者を太平洋から韓国まで移送する海の上の巨大な動く刑務所内で残酷な反乱が始まり、これまで見ることができなかった極限の生存ゲームが繰り広げられるハードボイルドサバイバルアクションだ。


グローバルな話題作として注目されている「オオカミ狩り」の主役たちが、「第47回トロント国際映画祭」の公式日程のために順次出国している。
演出を引き受けたキム・ホンソン監督は事前テスト上映のために先に10日に出国し、「韓国映画界の先輩たちがかっこよく開いてくれたおかげで得ることができた良い機会だと思う。とても栄光で幸せだ。ミッドナイト上映にふさわしいほんとにホットな韓国映画を知らせてくる」と心境を伝えた。


12日午前、トロントに出国した「オオカミ狩り」の主役であるソ・イングクとチョン・ソミンも、海外映画祭参加に対する感想を残した。一級犯罪者のかしらを引き受けて強烈な変身を予告したソ・イングクは、「まず、トロント映画祭に出席することになってとても嬉しい。トロント映画祭に初めて行くのでとてもときめいている。特に他国の多くの作品や俳優、監督を見ながら学ぶことができる成長の機会になると思う」と期待する思いを明らかにした。

(2ページに続く)

関連記事

2022.09.12

blank