≪中華ドラマNOW≫「華燈初上 -夜を生きる女たち -」7話、スーとジャンハンの関係をバラしたアイコが復讐を受けることに=あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Netflixドラマ「華燈初上 -夜を生きる女たち -」7話では、ジャンハンによって歪んでしまったローズとスーの友情や復讐を受けるアイコの様子が描かれた。

ローズの息子がスーが自宅で倒れているのを発見し、すぐに病院に搬送したため、スーは一命を取り留めた。ローズは知らせを聞くと急いで病院へ駆けつけた。スーはジャンハンに捨てられた事をローズに話し、自分の惨めさを嘆いた。ローズが病院をあとにしようとした時、仮病を使った囚人に人質にされてしまう。囚人を追いかけていたウェンチェンのおかげで何とか怪我なく逃げる事に成功した。

ローズはウェンチェンに人を殴る時の気持ちを尋ねた。さらにローズは殺してしまいたいくらいスーの事が憎らしいのに、いざ怪我をしている彼女を見ると心が痛むと自分の今のスーへの思いを語った。ウェンチェンはローズに自分のやりたいようにやれば良いとアドバイスした。

ある日、アイコの母親が突然スナックを訪れる。母親はアイコがスナックで働いている写真を見て自分の娘がホステスをやっている事を知ったと店内で大騒ぎしたのだった。母親はアイコに今すぐスナックをやめるように言ったが、アイコは母親の言う事を聞かず、勘当すると言い出したのだった。

アイコは自分の働いている姿を盗撮し、母親に送った犯人はスーではないかと疑い始める。アイコはその場でスナックをやめる事を選択し、その場から立ち去った。その日の夜、アイコはスーの自宅に侵入し、悪い事をすると必ずその報いを受ける事になるとスーに警告すると行方をくらました。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.09.05

blank