≪中華ドラマNOW≫「華燈初上 -夜を生きる女たち -」8話、ついに山の立ち入り禁止区域で発見された遺体の正体が明らかに!! =あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Netflixドラマ「華燈初上 -夜を生きる女たち -」8話では、スナック「ヒカリ」で起きた強盗事件の詳細やスーの最終出勤日の様子、遺体の正体について描かれた。

ある日、ホステスがスナックに出勤するとスナックの更衣室が荒らされているのを発見する。スナックの売上金が全て盗まれていた事から警察は犯行動機が金銭目的で、外部から侵入した形跡が無い事から犯人はスナックの関係者ではないかと推測した。

犯人はユリと麻薬密売人の彼氏であった。2人はスーに回収された麻薬を探してスナックに潜入したのだった。しかし、麻薬は見つからず2人は強盗に見せかけるため売上金を盗んだのだった。犯行後も2人は麻薬の行方を心配し、スーの自宅を訪れる事を決めた。

スーは自分が絡んでいるトラブルの数々から逃れるためにスナックの常連客と結婚して日本に行く事を決めた。スーの最終出勤日に行方不明になっていたアイコが突然スナックを訪れた。ホステスの皆はスーの送別会を行い、集合写真を撮った。

事件当日、解剖の結果から遺体の死因は後頭部に重傷を負った事であった。遺体の確認にローズが霊安室を訪れ、遺体にかかっていた白い布を取るとそこには冷たくなったスーの姿があった。ローズは変わり果てたスーの姿を見るとその場で泣き崩れてしまう。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.09.06

blank