“ウ・ヨンウシンドローム”女優パク・ウンビン、俳優ブランド評判1位…俳優カン・テオ、カン・ギヨンも人気


法廷ドラマ「弁護士ウ・ヨンウは天才肌」で熱演を繰り広げている女優パク・ウンビンが、“ドラマ俳優ブランド評判”の1位になった。

30日、韓国企業評判研究所によると、7月のドラマ俳優ブランド評判ビッグデータ分析結果、1位はパク・ウンビンだった。 共に出演した俳優カン・テオとカン・ギヨンも2位と3位に名前をあげて人気を実感させた。

引き続き、ソ・ヒョンジン、イ・ジェウク、チョン・ソミン、イ・ジュビン、ファン・インヨプ、パク・ビョンウン、ホ・ジュノ、ソ・イングク、ソ・ジソプ、カン・ハヌル、ペ・ダビン、ユン・シユン、ファン・ミンヒョン、チャ・イェリョン、チョン・ソミン、ヨム・ジョンア、シン・ドンミ、オ・ヨンソ、ナ・イヌ、ソヒョン(少女時代)、オ・ミンソク、シン・スンホ、チョン・ベス、イ・サンヨプ、イ・ユヨン、イム・スヒャン、ムン・ガヨンなどが30位内に入った。

韓国企業評判研究所は、6月30日からこの日まで1ヶ月間放送されたドラマに出演中の俳優50人のブランドビッグデータ7441万9618個を消費者のブランド参加量、メディア量、コミュニケーション量、コミュニティ量で指数化した。

これを通じてブランドに対する肯定・否定評価、メディアの出処と関心度、消費者の関心とコミュニケーション量、イシューに対するコミュニティ拡散、コンテンツに対する反応と人気度を測定することができる。

関連記事

2022.07.30

blank