≪韓国ドラマNOW≫「還魂」13話、イ・ジェウクがチョン・ソミンの暴走を止められる秘策を知る=視聴率6.3%、あらすじ・ネタバレ(動画あり)


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

youtube動画:「還魂」メイキング

30日に放送されたtvNドラマ「還魂」13話(視聴率6.3%)では、ウク(イ・ジェウク)がムドク(チョン・ソミン)の暴走を止められる秘策を知る様子が描かれた。

ムドクの気を吸いこもうとしていたキム内官が逆にムドクから気を奪われて石化した後、ウクは「暴走しなかった」とムドクを安心させた。チョンブ館に来たジン(ユ・ジュンサン)はウクの話を聞いて「ソンリムの術師たちを使ってチョンブ館を調査する」と言った。副館主のムが反対すると、弟子は「還魂人がキム内官なら、王室に今キム内官がいるのか確認するといい」と言った。「その必要はない」というムの言葉と共に王妃が登場した。「キム内官、入ってきなさい」と指示すると、本当にキム内官の顔をした男が入ってきて、ウクとムドクを戸惑わせた。王妃が先に「今の状況を免れるためには生き返らせるしかないな」と氷の石でキム内官を助けたのだった。

これを見て「これが氷の石の力なら、ムドクが暴走したとしても方法がある」と気づいたウクは、「ムドク、僕たちが幻を見たようだな」と言って意味深にムドクを見つめた。ムは「ウクはここに残ってチョンブ館の罰を受けるべきだ」と主張した。状況が良くないのを感じたムドクはひざまずいて懇願する熱演を見せ、ウクも演技に加わり、何とか抜け出した。

ジンはすでにウクとムドクが嘘をついていないことやキム内官が石化した後に生き返ったことを知っていた。ウクは「あっちには氷の石があるということじゃないのか」と言うと、ジンは「ソンリムはチョンブ館のジンを注視し続けていた。予想通り、あっちには氷の石があった」と複雑そうにした。ウクは「氷の石が還魂人の暴走を止められるというのは本当だったんだ」と言ったが、ジンは「必ず見つけてなくさなければならない。殺すべき還魂人を生き返らすなんて、どれほど邪悪な力だと思っているんだ」とぶつぶつ言った。ジンがいなくなった後、ウクとムドクは「総帥よりも先に氷の石を見つけなきゃ」と言った。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.08.02

blank