≪韓国ドラマREVIEW≫「私たちのブルース」6話あらすじと撮影秘話…ハン・ジミンとキム・ウビンが演じた恋の重要なシーンの舞台裏=撮影裏話・あらすじ(動画あり)


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

youtube動画:「私たちのブルース」メイキング(動画6:04から最後まで。)



今回は、ヨンオクとチョンジュンのシーンから。
ハン・ジミン演じるヨンオクがバスに住むチョンジュン(キム・ウビン)を待っているところだ。リハーサルではキム・ウビンが持っているカバンを見せ、準備をしたことを話す。そしてバスの中でチョンジュンの言葉が窓に書かれているシーンがあるため、キム・ウビンが直筆で窓に文を書く。撮影の前にハン・ジミンはセリフを練習し感情移入を。

そしていよいよ2人の気持ちが通う重要なシーンの撮影へ。「あの窓に書いてあるヌナって私?“彼女の過去に一体何人の男がいたのだろう…“知りたい?”いろんな男と付き合ってきた人を本当に愛せるだろうか…、これからどうすればいいのだろう“」とヨンオクが窓に書いてある文を呼んでいると、遮るように「付き合ってほしい」と告白するチョンジュン。そこでカットがかかる。

最後は団体ポスターの撮影の様子から。
共演者たちが全員集合する貴重なシーンだ。ペット役の子犬を見て、「珍島犬かな?すごいかわいいな。僕戌年なんだよ(笑)」とイ・ビョンホンが犬をなでる。監督と脚本家を中心に、メインキャストが全員集合しポスター撮影が行われた。

●韓国ネットユーザーの反応●

「キム・ウビンの告白シーンカッコよすぎる」
「ヨンオクとチョンジュンのラブストーリー気になる」
「メイキング映像もっと見たい」
「多分珍島犬じゃないよね」
「シーズン2も見たいな」

●あらすじ●

tvNドラマ「私たちのブルース」6話(視聴率7.7%)では、離婚してから養育権争いをしているソナ(シン・ミナ)の様子が描かれた。

ソナはヨルの部屋を見回す調査官に「離婚して6か月ほどになる。事故があって息子は父親のところへ行って2か月ほどだ」と説明。

調査官はソナの元夫にも会い「私は判事が養育権訴訟を引き受けて判決する前に二人の円満な合意に至るよう、調整する役割をしている。調査官としていくつか敏感な質問をすることを理解いただきたい」と言っていくつか質問をした。

元夫はソナが結婚してから7年間、うつ病を放置したとし、「息子がいつも危険にさらされているから、楽に外で働けない」と主張した。調査官は「子どもの安全より父親が優先しているように聞こえる」と皮肉った。

元夫は「妻は経済力がない」と言い、自分の両親がケアできると強調した。ソナは「私はヨルなしで生きられない。ヨルがいてこそ生きていられる」と主張し、ヨルのインタビュー映像を見て号泣した。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.07.12

blank